海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 上海航空、中部=温州線に新規就航、2019年12月27日から週2便で

上海航空、中部=温州線に新規就航、2019年12月27日から週2便で

スカイチームに加盟する上海航空(FM)は、2019年12月27日(金)から中部=温州線に新規就航する。セントレアへの就航は広州線に続き2路線目。

中部国際空港と温州永強空港(WNZ)を結ぶ直行便で、月・金曜日出発の週2往復を運航する。

上海航空の飛行機

運航機材はB737-800型機で、ビジネスクラス8席、エコノミークラス155席の提要する。

フライトスケジュールは、名古屋を18時40分に出発、温州には21時25分に到着する。日本行きは温州を13時50分に出発、名古屋には17時40分に到着する。

温州市は、 浙江省(せっこうしょう)東南沿岸に 位置する都市で、北部は台州市、 南部は福建省と隣接する。 日本からも直行便がある杭州、 寧波と並び浙江省三大都市のひとつに数えれる。中国十大名山の1つ蕩山や天下第一江の楠溪江、 南麂島、 烏岩嶺などの見所でも知られる。

名古屋=温州線の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
FM894名古屋・中部 (NGO) 18:40温州 (WNZ) 21:25月金
FM893温州 (WNZ) 13:50名古屋・中部 (NGO) 17:40月金

※発着時刻は時期や曜日により変更となる場合があります。ご利用予定日の時刻を航空会社ウェブサイトでご確認ください。

記事カテゴリー

2019年12月26日

» ページ上部へ戻る