海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > ガルーダ・インドネシア航空、2019年3月23日に中部=ジャカルタ線を新規就航

ガルーダ・インドネシア航空、2019年3月23日に中部=ジャカルタ線を新規就航

ガルーダ・インドネシア航空(GA)は、2019年3月23日から名古屋・中部=ジャカルタ線を運航する(中部発は24日から)。

中部国際空港とジャカルタのスカルノハッタ国際空港を結ぶ直行便で、運航曜日は中部発が月・水・土・日、ジャカルタ発が火・金・土・日の週4便。

運航機材は2019年3月30日まで222席のエアバスA330-200型機を使用するが、3月31日以降はより大型のA330-300型機を投入。座席数はビジネスクラス36席、エコノミークラス215席の全251席となる。

ガルーダ・インドネシア航空では2018年11月現在、成田=デンパサール(バリ島)線、羽田=ジャカルタ線、関西=デンパサール(バリ島)線、関西=ジャカルタ線を運航。

ガルーダ運航便の一部で、ANAとJALがコードシェアしている。

名古屋とジャカルタを結ぶ直行便の就航は、ビジネス渡航はもちろんインドネシア旅行や東南アジア旅行の利便性も高まることが期待される。

便名 出発地・時刻 到着地・時刻 曜日
GA885 名古屋・中部 (NGO) 10:00 ジャカルタ (CGK) 15:00 月水土日
GA884 ジャカルタ (CGK) 22:15 名古屋・中部 (NGO) 07:25 火金土日

プレスリリース:「名古屋(中部)-ジャカルタ線」2019年3月23日(土)より、週4便で就航決定

記事カテゴリー

2018年11月21日

» ページ上部へ戻る