海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > ジェットスター・ジャパン、2020年からA321LRを順次導入へ、中距離国際線も視野

ジェットスター・ジャパン、2020年からA321LRを順次導入へ、中距離国際線も視野

成田空港を拠点とするLCCのジェットスター・ジャパン(GK)は、2020年からエアバスA321LRを3機、順次導入することを発表した。

A321LR型機は、現行のA320ceoよりも多い座席数や長い続行距離が特徴で、新型エンジンを搭載しており燃費を20%削減でき、二酸化炭素排出量や静粛性においても優れている。

座席数は206~244席、航続距離はオプションタンク装備することで最大9時間の飛行が可能。手荷物収納スペースは、現行のA321型機に比べて最大で60%向上する。

ジェットスター・ジャパンでは、需要が好調な国内線、国際線にA321LRを導入する計画で、東南アジアをはじめとした中距離国際線の運航も検討しているという。

現在、日本からの国際線を運航している台北、香港、マニラに加えて、さらに東南アジア方面への路線網拡充が期待される。

また現在拠点としている東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)に加えて、第4の国内拠点も検討している。

2012年7月に運航を開始してジェットスター・ジャパンでは2018年11月現在、24機のエアバスA320型機(180席)で、国内13都市・19路線、海外4都市・9路線、毎日100便を運航している。

プレスリリース:ジェットスター・ジャパン 次なる成長フェーズにむけてエアバス A321LR の導入を決定

記事カテゴリー

2018年11月28日

» ページ上部へ戻る