海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を一時運休、新型コロナウイルスの影響で

ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を一時運休、新型コロナウイルスの影響で

ジェットスター・ジャパン(GK)は、中国湖北省武漢を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる新型肺炎の影響で、成田=上海(浦東)線を一時運休する。

ジェットスター・ジャパンのA320-200
ジェットスター・ジャパンのA320-200

成田発のGK35便は2020年2月4日(火)が最終便、上海発のGK36便は2月5日(水)を最終便として3月28日(土)まで運休する。

同路線は、成田国際空港と上海浦東国際空港を結ぶ直行便で、ジェットスターグループの航空会社が運航する日本=中国線では唯一の路線。

2020年2月現在、 ジェットスター ・ジャパンでは日本発着の国際線で、成田=香港線、成田=台北線、成田=マニラ線、関西=香港線、関西=マニラ線、中部=マニラ線を運航している。またグループのジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空も日本に就航している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
GK35成田 (NRT) 22:20上海・浦東 (PVG) 01:10毎日
GK36上海・浦東 (PVG) 02:20成田 (NRT) 06:15毎日

お知らせ:成田=上海(浦東)線運休のお知らせ

記事カテゴリー

2020年2月5日

» ページ上部へ戻る