海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > IHGがニューカレドニアに3つのホテルを開業へ、インターコンチネンタルとホリデイ・インで

IHGがニューカレドニアに3つのホテルを開業へ、インターコンチネンタルとホリデイ・インで

世界最大級のホテルグループ 、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、2021年から2024年にかけてニューカレドニアに3つのホテルを開業する。

インターコンチネンタルリフーワドラベイリゾートイメージ画像
インターコンチネンタルリフーワドラベイリゾートイメージ画像

ラグジュアリーブランドの「インターコンチネンタル」と2箇所の「ホリデイ・イン」で、合わせて3ホテルの展開を予定している。

リフー島に位置するインターコンチネンタルリフーワドラベイリゾート(InterContinental® Lifou Wadra Bay Resort)は、すでに建設が始まっており、2021年11月の開業を予定している。

リフー島はロワイヨテ諸島最大の島で、息をのむ絶景広がる好立地に、ローカルの建築家「Atelier13」と有名なインテリアデザインスタジオ「Chada」によってデザインされるラグジュアリーリゾート。

ラグーンフロントスイートを含む 50室で、オールデイダイニング、レストラン&バー、フィットネス、スパ、屋外プールを設ける。

ホリデイ・インでは、 ウベア島内に位置するホテルパラディ・ド・ウベア(Hotel Paradis D’Ouvea)を、2021年にホリデイ・インリゾートウベア(Holiday Inn Resort Ouvéa)としてリニューアルする。

2008年に「ニューカレドニアのラグーン:リーフの多様性とその生態系」として世界自然遺産に登録されたラグーンのひとつ、 ムリビーチのビーチフロントに立地するホテルで、 34室の客室、レストラン、バー、屋外プールを備える。

また2024年には、ホテルドレウ・ヴィラージュ(Hotel Drehu Village)をホリデイ・インリゾートリフー(Holiday Inn Resort Lifou)にリブランドする。リフー島の中心街ウェのビーチフロントに立地し、シャトーブリアン湾のビーチへと直接アクセスできる。

IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ )は、世界約100ヶ国に5,800ホテル、 865,000室を展開。 現在も約1,900軒のホテルが開発中のホテルグループ。

ラグジュアリーブランドでは、シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ、 リージェント ホテルズ&リゾーツ、 キンプトン ホテルズ&レストランツ、 インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツを展開。

アップスケールブランドでは、ホテル インディゴ、 EVENホテルズ、 HUALUXE(華邑) ホテルズ&リゾーツ、 クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、 VOCOを展開。

メインストリームブランドでは、ホリデイ・イン、 ホリデイ・イン エクスプレス、 ホリデイ・イン クラブバケーションズ、 ホリデイ・イン リゾート、 avid ホテルズ、 ステイブリッジ スイーツ、 キャンドルウッド スイーツを展開している。

日本国内では、2006年からANAと業務提携しており、  8軒のインターコンチネンタル、 20軒のANAクラウンプラザ、 5軒のホリデイ・インブランドの全32ホテル、 約10,000室を展開。

2019年10月31日にはインターコンチネンタル横浜Pier 8が開業したほか、 2020年にはホテルインディゴ箱根強羅、キンプトン新宿東京、ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん、2021年にはホテルインディゴ犬山有楽苑、2022年にはインターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾートの開業を予定している。

ロイヤリティプログラムの「 IHGリワーズクラブ」は、 世界最大級のロイヤリティプログラムで、世界で1億人を超える会員が利用している。

記事カテゴリー

2019年12月11日

» ページ上部へ戻る