海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 春秋航空日本、成田=上海浦東線を2019年12月12日に新規就航

春秋航空日本、成田=上海浦東線を2019年12月12日に新規就航

日本を拠点とするLCCの春秋航空日本(SPRING JAPAN)は、2019年12月12日(木)から成田=上海(浦東)線に新規就航する。

成田国際空港と上海浦東国際空港(PVG)を結ぶ直行便で、毎日1往復を運航する。

運航機材はボーイングB737-800型機で、全189席を提供。

フライトスケジュールは、成田を22時25分に出発、上海には翌日の午前1時10分に到着する。復路は上海を午前2時10分に出発、成田には同日の朝6時到着する。 春秋航空日本(SPRING JAPAN)

上海は春秋航空日本(SPRING JAPAN) の国際線就航都市では6番目となり、2019年では成田=寧波線に続いて2路線目。同航空会社の運航便数は週70往復、140便へと拡大する。

航空券の販売は、2019年11月8日(金)12時から開始しており、就航記念として11月11月12時まで片道1500円のセールを実施。また通常運賃では、5,100 円~103,000 円(税込)となっている。

就航時の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
IJ001成田 (NRT) 22:25上海・浦東 (PVG) 01:00毎日
IJ002上海・浦東 (PVG) 02:10成田 (NRT) 06:00毎日

※発着時刻は時期・曜日により変更となる場合があります。利用予定日の時刻を航空会社ウェブサイトでご確認ください。

プレスリリース: SPRING JAPAN、2019年12月12日より 成田=上海浦東線に新規就航! (PDF)

記事カテゴリー

2019年11月9日

» ページ上部へ戻る