海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > タイガーエア台湾、小松-台北線を運航、2018年1月18日から

タイガーエア台湾、小松-台北線を運航、2018年1月18日から

LCCのタイガーエア台湾(IT)は、2018年1月18日から小松=台北(桃園)線を新規就航する。

石川県の小松空港(KMQ)と台北の台湾桃園国際空港(TPE)を結ぶ直行便で、木・日曜日出発の週2便を運航する。運航機材はエコノミークラス180席のエアバスA320-200。

タイガーエア台湾のA320型機
タイガーエア台湾のA320型機

木曜発着は、小松を午前11時45分に出発、台北には14時20分に到着する。台北発は朝の7時で、小松には午前10時50分に到着する。

日曜発着は、小松を15時35分に出発、台北には18時10分に到着する。台北発は午前10時55分で、小松に14時45分に到着する。

航空券はタイガーエア台湾の公式ウェブサイトで予約できるが、既に台北発の日曜日分は完売になっている日程も多い。

就航当初の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
IT253 小松 11:45 台北 14:20 A320
IT252 台北 07:00 小松 10:50
便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
IT253 小松 15:35 台北 18:10 A320
IT252 台北 10:55 小松 14:45

記事カテゴリー

2017年12月21日

» ページ上部へ戻る