海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、フィンエアーの新千歳=ヘルシンキ線でコードシェア

JAL(日本航空)、フィンエアーの新千歳=ヘルシンキ線でコードシェア

JAL(日本航空)は、2019年12月15日(日)からフィンエアーが運航予定の札幌(新千歳)=ヘルシンキ線でコードシェアを実施する。

新千歳空港とヘルシンキ・ヴァンター国際空港を結ぶ直行便で、航空券の予約・販売は、2019年2月4日(月)から開始している。JAL便名は札幌発がJL8301便、ヘルシンキ発がJL8300便。

フィンエアーの日本発着路線では、 成田、関西、中部、福岡からのヘルシンキ直行便が就航しており、日本では5都市目。いずれもJALがコードシェアを実施している。

またJALが運航する成田=ヘルシンキ線では、フィンエアーがコードシェアを実施している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
AY066 / JL8301札幌・新千歳 (CTS) 11:35ヘルシンキ (HEL) 14:10月金
AY065 / JL8300ヘルシンキ (HEL) 17:05札幌・新千歳 (CTS) 09:00木日

プレスリリース:フィンエアー運航の札幌(新千歳)=ヘルシンキ線でコードシェア開始

記事カテゴリー

2019年2月6日

» ページ上部へ戻る