海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL、中国路線を2020年2月17日から一時運休・減便、新型コロナウイルスの影響で

JAL、中国路線を2020年2月17日から一時運休・減便、新型コロナウイルスの影響で

【追記】下記の内容は2月6日時点で変更になっています。最新の運行状況をJALウェブサイトでご確認ください。

JAL(日本航空)は、中国湖北省武漢を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる新型肺炎の影響で、中国路線で一部の便を運休する。

運休対象となるのは、成田=北京線羽田=北京線成田=上海(浦東)線中部=上海(浦東)線関西=上海(浦東)線で、期間は2020年2月17日(月)~3月28日(土)まで(一部路線は2020年2月18日〜3月29日)。

また羽田=広州線成田=大連線は週7便から週4便に減便する。

なお 当該便の航空券を購入済みの場合は、振り替えまたは払い戻しを受け付ける。

また特別対応として、 北京首都・上海(浦東)・上海(虹橋)・広州・大連・天津・香港・瀋陽・南京・杭州・煙台・青島・福州・厦門・深セン・武漢・重慶・西安・成都・昆明を発着するJAL便について、一部の購入日・登場予定日を対象に、手数料なしで払い戻しを受け付けている。

JALでは中国路線の一部路線・便で、中国東方航空(MU)とのコードシェアを実施している。

北京線の時刻表

羽田=北京線は、毎日2往復のうち1往復を運休。1往復で運航を継続するが、機材をB767-300からB787-8に小型化する。北京発のJL020便は2020年2月18日~3月29日で運休予定。

便名出発地・時刻到着地・時刻欠航
JL25東京・羽田 (HND) 17:15北京 (PEK) 20:25運休
JL20北京 (PEK) 08:35東京・羽田 (HND) 12:55
便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL21東京・羽田 (HND) 09:00北京 (PEK) 12:20継続
JL22北京 (PEK) 16:40東京・羽田 (HND) 21:00

成田=北京線は全便を運休。北京発のJL860便は2020年2月18日〜3月29日に運休予定。

便名出発地・時刻到着地・時刻欠航
JL869成田 (NRT) 18:10北京 (PEK) 21:15運休
JL860北京 (PEK) 10:45成田 (NRT) 15:25

上海線の時刻表

成田=上海線は全便を運休。上海発のJL872便は2020年2月18日~3月29日で運休予定。

便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL877成田 (NRT) 13:50上海・浦東 (PVG) 16:40運休
JL874上海・浦東 (PVG) 12:10成田 (NRT) 16:05
便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL879成田 (NRT) 19:10上海・浦東 (PVG) 21:55運休
JL872上海・浦東 (PVG) 08:50成田 (NRT) 12:35
便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL873成田 (NRT) 09:35上海・浦東 (PVG) 12:20運休
JL876上海・浦東 (PVG) 14:00成田 (NRT) 17:45

1日1往復の名古屋・中部=上海線は全便を運休。

便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL883名古屋・中部 (NGO) 08:55上海・浦東 (PVG) 11:05運休
JL884上海・浦東 (PVG) 17:30名古屋・中部 (NGO) 20:55

関西=上海線、毎日2往復のうち1往復を運休。1往復で運航を継続する。

便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL891大阪・関西 (KIX) 10:10上海・浦東 (PVG) 12:05継続
JL894上海・浦東 (PVG) 13:25大阪・関西 (KIX) 16:40
便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL897大阪・関西 (KIX) 14:30上海・浦東 (PVG) 16:25運休
JL898上海・浦東 (PVG) 17:45大阪・関西 (KIX) 21:00

広州線の時刻表

便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL87東京・羽田 (HND) 08:50広州 (CAN) 13:05週7→週4(月水金日)
JL88広州 (CAN) 14:35東京・羽田 (HND) 19:30

大連線の時刻表

便名出発地・時刻到着地・時刻対応
JL827成田 (NRT) 09:25大連(ダイレン) (DLC) 11:45週7→週4(月水金日)
JL828大連(ダイレン) (DLC) 13:00成田 (NRT) 16:55

公式ページ:
新型コロナウイルス関連肺炎の影響に伴う一部運休・減便について
武漢における新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について

記事カテゴリー

2020年2月4日

» ページ上部へ戻る