海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL、チャイナエアライン運航のすべての日本=台湾線でコードシェア

JAL、チャイナエアライン運航のすべての日本=台湾線でコードシェア

JAL(日本航空)は、2017年2月21日からチャイナエアラインが運航する日本=台湾のすべてのフライトでコードシェアを開始する。

既に2010年10月31日から羽田=台北・松山線でコードシェアを行っているが、2017年1月に合意・発表した「旅客・貨物分野での提携強化」に基づき、その第1弾として日本=台湾間の全路線・全便でコードシェアすることなった。

コードシェア便の予約・販売開始は、2017年2月21日(火)11:00(日本時間)。チャイナエアラインが運航するフライトをJAL便名で予約できるようになる。

JALのB777-200
JALのB777-200

コードシェアの拡大で、JAL利用者は日本各地から台湾旅行やビジネスでの渡航に、フライトの選択肢が大幅に増える。

チャイナエアラインは台湾の台北を拠点とする航空会社で、スカイチームに加盟している。JALはワンワールドに加盟しておりアライアンスは異なるが、今後も幅広い分野での提携が期待される。

チャイナエアラインが運航するJALコードシェア便は下記の通り。

札幌・新千歳=台北・桃園 JL5109(CI131)
富山=台北・桃園 JL5117(CI171)
成田=台北・桃園 JL5045(CI107),JL5047(JL101),JL5049(CI17)
静岡=台北・桃園 JL5115(CI169)
中部=台北・桃園 JL5111(CI151),JL5113(CI155)
関西=台北・桃園 JL5101(CI159),JL5103(CI157),JL5105(CI153),JL5107(CI173)
高松=台北・桃園 JL5123(CI179)
広島=台北・桃園 JL5119(CI113)
福岡=台北・桃園 JL5125(CI111),JL5127(CI117)
鹿児島=台北・桃園 JL5131(CI119)
宮崎=台北・桃園 JL5129(CI115)
那覇=台北・桃園 JL5133(CI121),JL5135(CI123)
石垣=台北・桃園 JL5137(CI125) ※2017年3月29日から運航予定

羽田=台北・松山 JL5041(CI223),JL5043(CI221)

札幌=高雄 JL5145(CI135)
成田=高雄 JL5139(CI103)
関西=高雄 JL5141(CI167),JL5143(CI177)
熊本=高雄 JL5147(CI199)
那覇=高雄 JL5149(CI133)

関西=台南 JL5171(CI193)

プレスリリース:JAL企業サイト – プレスリリース – チャイナ・エアラインが運航する日本=台湾全路線・全便でコードシェアを実施

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年2月21日

» ページ上部へ戻る