海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、ガルーダ・インドネシア航空とコードシェアやマイレージ提携

JAL(日本航空)、ガルーダ・インドネシア航空とコードシェアやマイレージ提携

JAL(日本航空)は、ガルーダ・インドネシア航空との包括的業務提携に合意したと発表した。

2018年10月28日(日)から両エアラインが運航する日本=インドネシア線、JALが運航する日本国内線と日本=北米線、ガルーダが運航するインドネシア国内線の一部でコードシェアを開始する。

ガルーダ・インドネシア航空が運航する日本=インドネシア線では羽田=ジャカルタ成田=デンパサール(バリ島)、インドネシア国内線ではジャカルタ=スラバヤ・ジョグジャカルタが対象。

JALが運航する日本=インドネシア線では成田=ジャカルタ、日本以遠の北米線では成田=ニューヨーク、成田=ロサンゼルス、羽田=新千歳、羽田=中部、羽田=福岡が対象となる。

両社は今後、マイレージプログラムの提携などを含む関係強化を行い、将来的には共同事業を目指している。

JALでは2010年に成田=バリ島直行便、関西=バリ島直行便を運休しているが、ガルーダとの提携によりアジアンリゾートとして人気のバリ島へも、ガルーダ運航のコードシェアで直行便が復活する。

プレスリリース:JALとガルーダ・インドネシア航空、包括的業務提携に合意 | プレスリリース | JAL企業サイト

記事カテゴリー

2018年9月7日

» ページ上部へ戻る