海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』を発表

JAL(日本航空)、国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』を発表

JAL(日本航空)は、かねてより計画していた 国際線中長距離を中心に運航するLCC (格安航空会社)のブランド名を『ZIPAIR(ジップエア)』に決定した。

合わせて社名はこれまでの株式会社ティー・ビー・エル から『株式会社ZIPAIR Tokyo』に変更することも発表した。

2020年夏スケジュールでの新規就航を目指して、成田=バンコク(スワンナプーム国際空港)線成田=ソウル(仁川国際空港)線を国土交通省に申請した。

運航機材はJALからB787-8型機を移管して、塗装や座席などの改修を行う見込み。

採用した『ZIPAIR』という名称の由来は、 矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語“ZIP”から生まれた造語で、 「フライトの体感時間が短い」エアラインを表現しているという。

また「郵便番号」を意味する “ZIP CODE”が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いを込めたとしている。

ロゴなどに使用するイメージカラーは、メインカラーをグレー、サブカラーをグリーンに選定。グレーは “コストと満足度の調和”を示す『Harmony Gray(ハーモニー・グレー)』、
グリーンは“安全運航・定時運航などの高品質なオペレーション”を示す『Trust Green(トラスト・グリーン)』と名付けた。

公式ウェブサイトは、2019年3月8日17時にオープンする。

またZIPAIR(ジップエア) では、2019年4月から社員を募集する予定で、4月中旬に採用説明会を開催するとしている。

プレスリリース:国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生

記事カテゴリー

2019年3月8日

» ページ上部へ戻る