海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、厦門航空とのコードシェアを開始、2019年6月3日から

JAL(日本航空)、厦門航空とのコードシェアを開始、2019年6月3日から

JAL(日本航空)は、2019年6月3日(月)から中国の厦門(アモイ)を拠点とする厦門航空(MF)とコードシェアを開始する。

対象路線は、厦門航空が運航する成田=厦門線関西=厦門線関西=福州線関西=杭州線で、航空券の予約・販売は2019年5月31日(金)を予定している。

厦門航空は1984年に創立された航空会社で2019年4月現在、206機の航空機を保有。廈門高崎国際空港(XMN)などから中国国内、北米、欧州、オセアニア方面へ400路線以上の路線網が持つ。

加盟アライアンスはスカイチームで、ワンワールドに加盟するJALとは異なるが、コードシェアにより中国へのアクセス向上が期待される。

2019年夏期のスケジュールは下記の通り。

便名区間出発到着運航曜日機材
JL5052/MF815厦門-成田08:5013:45火木土日B737-800
JL5051/MF816成田-厦門14:5518:10火木土日B737-800
JL5054/MF839厦門-関西14:1018:20月火木土B737-800
JL5053/MF840(※)関西-厦門19:2021:40月火木土B737-800
JL5056/MF835福州-関西13:3517:30火水木金土日B737-800
JL5055/MF836関西-福州18:3020:35火水木金土日B737-800
JL5058/MF8627杭州-関西09:3012:35毎日B737-800
JL5057/MF8628関西-杭州13:3515:05毎日B737-800

プレスリリース:厦門航空とのコードシェアを開始

記事カテゴリー

2019年5月26日

» ページ上部へ戻る