海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL、中部=バンコク線を2020年3月28日で運休

JAL、中部=バンコク線を2020年3月28日で運休

JAL(日本航空)は、名古屋(中部)=バンコク線を2020年3月29日(日)の夏期スケジュールから運休する。

同路線は中部国際空港とタイのバンコク・スワンナプーム国際空港(BKK)を結ぶ直行便で、毎日1往復を運航しているが、2020年3月28日(土)が最終便となる。

すでに航空券を購入済みの場合は、JALから乗り継ぎのある経路への振り替えや払い戻しの対応となる。航空券を旅行会社から購入している場合は、旅行会社での対応が必要。

中部=バンコク線ではタイ国際航空(TG)が毎日2便を運航しており、同じスターアライアンスに加盟するANA(全日空)がコードシェアしている。

2019年12月現在、JALの中部発着ではバンコクのほか、ホノルル、上海(浦東)線、天津、台北(桃園)への直行便がある。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
JL737名古屋・中部 (NGO) 10:25バンコク (BKK) 14:15毎日
JL738バンコク (BKK) 00:25名古屋・中部 (NGO) 07:50毎日

ニュースリリース:名古屋(中部)-バンコク線の運休について

記事カテゴリー

2019年12月9日

» ページ上部へ戻る