海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL、2018年も成田=バンコク線の増便を継続、1日2便を運航

JAL、2018年も成田=バンコク線の増便を継続、1日2便を運航

JAL(日本航空)は、2017年度から増便している成田=バンコク線の1日2便体制を、2018年度も継続することを発表した。

運航機材は、「JAL SKY SUITE」仕様のボーイング787-8型機で、2018年3月25日から10月27日までの夏期スケジュールで毎日運航する。

JALのB787-8型機
JALのB787-8型機

フライトスケジュールは、成田を午前10時40分に出発、バンコクのスワンナプーム国際空港(BKK)には同日の15時35分に到着する。

復路はバンコクを22時30分に出発、成田には翌朝の7時35分に到着するバンコク旅行にもビジネスにも利用しやすいい時刻となっている。

航空券の予約・販売は12月22日(金)10時から開始する。

2017年12月現在、JALでは成田=バンコク線、羽田=バンコク線、中部=バンコク線、関西=バンコク線を毎日運航している。

2018年3月25日~4月30日までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
JL717 成田 10:40 バンコク 15:35 毎日 B787-8
JL718 バンコク 22:30 成田 07:35 *翌日

2018年5月1日~10月27日までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
JL717 成田 10:55 バンコク 15:35 毎日 B787-8
JL718 バンコク 23:30 成田 07:45 *翌日

プレスリリース:JAL、2018年度における国際線の増便を決定 | プレスリリース | JAL企業サイト

記事カテゴリー

2017年12月21日

» ページ上部へ戻る