海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、成田=インド・バンガロール線を2020年度夏期ダイヤまでに就航へ

JAL(日本航空)、成田=インド・バンガロール線を2020年度夏期ダイヤまでに就航へ

JAL(日本航空)は、 2020年度夏期ダイヤまでに成田=ベンガルール(バンガロール)線を新規就航することを発表した。

ベンガルール(バンガロール) のあるインド南部へは日本と北米から直行便が就航しておらず、JALでは新たな路線ネットワークの充実を目指す。

運航機材にはボーイングB787-8型機を使用し、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制とする計画。

開設日は未定となっているが、2010年夏期スケジュールまでに運航を開始して、成田空港とケンペゴウダ国際空港(ベンガルール国際空港 )を結ぶ直行便を毎日運航する。

成田を18時25分に出発して、バンガロールには翌日の深夜0時25分に到着。復路はバンガロールを深夜2:45分に出発して、成田には同日の14時55分に到着するフライトスケジュールを予定している。

2019年1月現在、JALでは成田=デリー線を毎日運航している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
BR121成田 (NRT) 18:25バンガロール (BLR) 00:05 翌日毎日
BR122バンガロール (BLR) 02:45成田 (NRT) 14:55毎日

プレスリリース:JAL、成田=ベンガルール(バンガロール)線の新規開設を決定

記事カテゴリー

2019年1月25日

» ページ上部へ戻る