海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > JAL(日本航空)、成田=モスクワ線を増便、2019年3月31日から毎日運航に

JAL(日本航空)、成田=モスクワ線を増便、2019年3月31日から毎日運航に

JAL(日本航空)は、2019年3月31日から成田=モスクワ線を現行の週4便から毎日運航に増便する。

成田空港とモスクワのドモジェドボ国際空港(DME)を結ぶ直行便で、運航機材はボーイングB787型機(SS8)を使用する。

フライトスケジュールは、成田を午前10時45分に出発、モスクワには同日の15時に到着する。復路はモスクワを17時15分に出発、成田には翌日の午前8時35分に到着する。

JALが運航する同路線は、同じワンワールドに加盟するS7航空がコードシェアしている。

増便後の時刻表は下記の通り。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
JL421成田 (NRT) 10:45モスクワ (DME) 15:00毎日
JL422モスクワ (DME) 17:15成田 (NRT) 08:35 ※翌日毎日

プレスリリース:JALグループ、2019年度路線便数計画を決定

記事カテゴリー

2019年1月28日

» ページ上部へ戻る