海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > バニラエア、台北=ホーチミン線を運休、運航は2018年3月24日まで

バニラエア、台北=ホーチミン線を運休、運航は2018年3月24日まで

LCCのバニラエア(JW)は、2018年3月24日をもって台北(台湾)=ホーチミン(ベトナム)線を運休する。

バニラエアのホーチミン線は、2016年9月14日から成田=台北線を延長するかたちで、成田=台北経由=ホーチミン線として運航している。

バニラエアのA320-200

成田=台北線は、毎日4便を運航しており、2018年3月25日以降の2018年夏期も週4便を継続する。

運休区間となる台北・桃園国際空港(TPE)とホーチミンシティタンソンニャット国際空港(SGN)を結ぶ直行便では、チャイナエアライン、エバー航空、ベトナム航空、LCCのベトジェットエアが運航している。

また成田=ホーチミン線ではJAL、ANA、ベトナム航空、羽田=ホーチミン線ではJALが運航しており、ベトナム旅行やビジネス渡航では直行便の利便性が高くなっている。

成田=台北=ホーチミン線のフライトスケジュールは下記の通り。

便名 出発時刻 到着時刻 所要時間
JW105 成田 17:50 台北・桃園 21:05 4時間15分
台北・桃園 22:20 ホーチミン 01:00 3時間40分
便名 出発時刻 到着時刻 所要時間
JW102 ホーチミン 02:15 台北・桃園 06:30 3時間15分
台北・桃園 07:30 成田 11:35 3時間5分

※発着時刻は出発日により異なります

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年12月19日

» ページ上部へ戻る