海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > キャセイドラゴン航空、一時運休予定の羽田=香港線を2018年3月1日から再開

キャセイドラゴン航空、一時運休予定の羽田=香港線を2018年3月1日から再開

キャセイドラゴン航空(KA)は、2017年10月29日からの冬期スケジュールで運休予定の羽田=香港線について、2018年3月1日から運航再開することを発表した。

冬季スケジュールとしては2017年10月29日~2018年2月28日が運休、2018年3月1日~3月24日で運航再開する。また2018年3月25日からの夏期スケジュールでも運航を計画しているという。

現行フライトスケジュールでは羽田空港を深夜に出発しているが、再開後は早朝出発に変更する。

往路は羽田発が06:25、香港着が10:40、復路は香港発が23:55発、羽田着が04:55となり、香港旅行やビジネス渡航でも香港での滞在時間を目一杯活用できる発着時刻となっている。旅行なら帰国日に夜景を楽しむことも可能だ。

2017年10月28日(土)までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 期間
KA397 羽田 01:55 香港 05:35 毎日 2017年10月28日まで
KA396 香港 17:35 羽田 22:55

2018年3月2日(金)からの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 期間
KA397 羽田 06:25 香港 10:40 毎日 2018年3月2日から
KA396 香港 23:55 羽田 04:55

使用機材はエアバス321-200型機で、ビジネスクラス24席、エコノミークラス148席の総座席数172席。

キャセイドラゴン航空は、1985年に香港ドラゴン航空として設立された航空会社で、2006年にキャセイパシフィック航空の子会社となった。2007年11月1日にワンワールドへ加盟している。

羽田=香港線については、キャセイパシフィック航空が直行便を運航しているほか、キャセイドラゴン航空が運航する便ではキャセイパシフィック航空がコードシェアしている。

プレスリリース:キャセイドラゴン航空 羽田/香港線を運航再開

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年9月9日

» ページ上部へ戻る