海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 大韓航空、ソウル仁川国際空港でターミナル2に移動、2018年1月18日から

大韓航空、ソウル仁川国際空港でターミナル2に移動、2018年1月18日から

大韓航空(KE)は2018年1月18日、ソウル仁川国際空港「ターミナル2」の開業に合わせて、発着ターミナルを変更する。

この「ターミナル2(第2ターミナル)」には、大韓航空と同じスカイチームに加盟するデルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空も使用する予定で、コードシェアや共同運航便のある同じアライアンス内での乗り継ぎが便利になる。

大韓航空のA330-300
大韓航空のA330-300

既存の旅客ターミナルは「ターミナル1」へ変更となり、仁川国際空港には「ターミナル1」と「ターミナル2」の2つのターミナルが稼働することになる。

ターミナル間の移動は、無料シャトルバスが運航されるほか、現在「ターミナル1」と搭乗棟コンコースAを結んでいる無人運転のシャトル(IAT)が「ターミナル2」まで延伸される。

ソウル市内から「ターミナル2」へのアクセスは、同時開業する第2交通センターに空港鉄道(A’REX)の駅が新設されるので、これまで通り鉄道でのアクセスが利用できる。またKALリムジンなどの空港リムジンバス、タクシーももちろん利用できる。

日本からの発着便があるJAL(日本航空)、ANA(全日空)、ピーチ、アシアナ航空、ジンエアー、チェジュ航空、エアソウル、ティーウェイ航空、イースター航空、またホノルル線のあるハワイアン航空は、引き続き「ターミナル1」を使用する。

記事カテゴリー

2017年12月19日

» ページ上部へ戻る