海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > LCCのピーチ、札幌=ソウル線、関西=釜山線を運休

LCCのピーチ、札幌=ソウル線、関西=釜山線を運休

LCCのピーチ(MM)は、札幌=ソウル仁川線と関西=プサン線を運休する。

新千歳空港とソウルの仁川国際空港(ICN)を結ぶ札幌=ソウル線は、2019年10月27日(日)をもって運休。

ピーチのA320-200型機
A320-200型機

また関西国際空港と釜山の金海国際空港(PUS)を結ぶ関西=プサン線は、2020年1月6日をもって運休するとしている。

ピーチの札幌=ソウル線は、2019年4月25日に就航したばかりの新しい路線で、わずか6ヶ月での運休となる。関西=釜山線はピーチ唯一の釜山路線で、2015年9月から運航している。

またピーチでは、2019年10月27日からの冬季スケジュール(冬ダイヤ)で統合するバニラエア(JW)から引き継ぐ成田=台北線、成田=高雄線から運航。福岡=台北線については2019年11月25日からの運航を予定している。

札幌=ソウル線の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
MM701札幌・新千歳 (CTS) 22:00ソウル (ICN) 01:00毎日
MM702ソウル (ICN) 02:40札幌・新千歳 (CTS) 05:30毎日

関西=プサン線の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
MM017大阪・関西 (KIX) 13:50釜山(プサン) (PUS) 15:25毎日
MM018釜山(プサン) (PUS) 16:00大阪・関西 (KIX) 17:30毎日

記事カテゴリー

2019年8月30日

» ページ上部へ戻る