海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 成田空港、自動手荷物預け機を導入、第1ターミナルに2017年3月30日から

成田空港、自動手荷物預け機を導入、第1ターミナルに2017年3月30日から

成田空港(NRT)は2017年3月30日、国際線として日本初の自動手荷物預け機を導入する。

設置箇所は第1旅客ターミナル北ウイング4階出発ロビーDカウンターで、チェックインカウンターの隣に4台を導入する。

利用できるのはエールフランス航空KLMオランダ航空大韓航空アリタリア-イタリア航空スカイチーム加盟4社で、自分で受託手荷物の預け入れ手続きができるようになる。

エールフランス航空のB777-300ER スカイチーム塗装
エールフランス航空のB777-300ER スカイチーム塗装

利用者はまずWebによる事前のオンラインチェックインあるいは自動チェックイン機を利用する。自動手荷物預け機へ進み、航空会社スタッフによる本人確認(パスポートチェック)を受けた後、自動手荷物預け機を操作して荷物を預け入れる。

1. 自動手荷物預け機手前で、航空会社スタッフによる本人確認を実施。(パスポートチェック)
2. 自動手荷物預け機にお預け手荷物を入れる。
3. 手荷物の重量が計測される。
4. バーコードリーダーに搭乗券を読み込ませる。
5. 出力されたタグを、お預け手荷物に取り付ける。
6. ドアが閉まり、お預け手荷物が搬送される。
7. 出力されたお預け手荷物の控えチケットを受け取る。

成田国際空港では以前よりファストトラベル推進を実施してきた。自動チェックイン機の導入に続く第2弾として導入する自動手荷物預けで、今後は利用者の待ち時間がより短縮されることが期待される。

プレスリリース:待ち時間短縮!自動チェックイン機の導入に続く、ファストトラベル推進の第2弾!国際線として日本初の自動手荷物預け機を導入(3月30日)

記事カテゴリー: 空港 | 2017年2月14日

» ページ上部へ戻る