海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 中部国際空港、LCC向け第2ターミナルを2019年9月20日に供用開始

中部国際空港、LCC向け第2ターミナルを2019年9月20日に供用開始

中部国際空港(セントレア)は、空港島南側で整備を進めているLCC向けの新ターミナル「第2ターミナル(T2)」を2019年9月20日に供用開始する。

第2ターミナルは本館とサテライトの2棟構成
第2ターミナルは本館とサテライトの2棟構成

2階建ての本館とサテライトからなる2棟構成で、 合計10スポット、14ゲートを配置。 国際線300万人、国内線150万人の年間旅客取扱数が可能。

国際線の旅客施設使用料(出発時・税込) は、大人1280円、小人640円(小児用割引航空券の方)が航空券の購入時に加算される(国内線の旅客施設使用料は今後決定する予定)。

併せて現ターミナルの名称を「第1ターミナル(T1)」として、中部国際空港は2つのターミナルで構成される空港となる。

第2ターミナルは、 「利便性と機能性の追求」「拡張性の確保」「新たな賑わいの創出」をコンセプトに、LCCのビジネスモデルに沿ったターミナルとして設計している。

パッセンジャーボーディングルーフを通る徒歩搭乗
パッセンジャーボーディングルーフを通る徒歩搭乗

チェックインカウンターや保安検査場、搭乗ゲートなど主要な導線は、 混雑ピークに合わせて国際線にも国内線にも利用できる構造を採用。国際線乗継検査場を設けており、LCCハブ化を推進する。

搭乗橋(PBB)を使用せずパッセンジャーボーディングルーフを通る搭乗方法となっている。

自動手荷物預入機(セルフ・バッグ・ドロップ)
自動手荷物預入機(セルフ・バッグ・ドロップ)

またチェックインでは、LCC向けターミナルとしては国内発となる 「自動手荷物預入機(セルフ・バッグ・ドロップ)」を導入 。 保安検査では最新の保安検査設備(スマートレーン、 高性能X線検査機器、 インラインスクリーニング検査機器等)を導入し、スムーズな手続きが可能になる。

免税店エリアでは、幅広い品揃えと飲食エリアを設け、搭乗前の時間を有効に使える場所を提供。

免税店エリア
免税店エリア

新たに供用を開始する第2ターミナルには、エアアジア・ジャパン (DJ)やチェジュ航空(7C)が現ターミナルからの移転を予定している。

記事カテゴリー

2019年4月10日

» ページ上部へ戻る