海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 河北航空、2020年1月18日から関西=石家荘線で日本初就航

河北航空、2020年1月18日から関西=石家荘線で日本初就航

中国の河北航空(NS)は、2020年1月18日(土)から関西=石家荘線を運航開始する。

関西国際空港と河北省石家荘市(せっかそう)を石家荘正定国際空港(SJW)を結ぶ直行便で、毎日1便を運航する。

使用機材はB737-800型機で、全177席。

河北航空は、2005年に「東北航空」として設立された航空会社で、2010年に「河北航空」へと改称した。2014年にはスカイチームに加盟する厦門航空が出資している。

2019年12月現在、拠点とする石家荘正定国際空港や2019年9月25日に開港した北京大興国際空港(PKX)から中国各地への国内線を運航している。

記事カテゴリー

2019年12月23日

» ページ上部へ戻る