海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > マリンド・エア、2019年3月23日に札幌=台北=クアラルンプール線で日本初就航

マリンド・エア、2019年3月23日に札幌=台北=クアラルンプール線で日本初就航

マレーシアのクアラルンプールを拠点とするマリンド・エア(OD)は、2019年3月23日から札幌=台北=クアラルンプール線で日本に初就航する。

新千歳空港から台湾桃園国際空港を経由してクアラルンプール国際空港を結ぶ路線で、就航当初は火・水・土曜日出発の週3往復を運航する。

2019年7月1日からは火・水・木・土・日曜日の週5往復へと増便する。

新千歳=台北間は直行便となるが、新千歳=クアラルンプール間は台北を経由するため所要時間は約10時間半となる。

運航機材はB737-800型機で、ビジネスクラス12席、エコノミークラス150席の全162席。

マリンド・エアは、インドネシアのLCCで日本にも就航しているライオン・エアやマレーシア企業が出資している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
OD889札幌・新千歳 (CTS) 19:20台北・桃園 (TPE) 23:00火水土
OD888台北・桃園 (TPE) 13:45札幌・新千歳 (CTS) 18:20火水土
便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
OD889札幌・新千歳 (CTS) 19:20クアラルンプール (KUL) 04:55火水土
OD888クアラルンプール (KUL) 07:40札幌・新千歳 (CTS) 18:20火水土

記事カテゴリー

2019年3月14日

» ページ上部へ戻る