海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > 中国西部航空が日本初就航、2019年11月26日から関西=鄭州線、関西=重慶線を運航開始

中国西部航空が日本初就航、2019年11月26日から関西=鄭州線、関西=重慶線を運航開始

重慶を拠点とするLCCの中国西部航空(PN)は、2019年11月26日(火)から関西=鄭州線(テイシュウ)、関西=重慶線(ジュウケイ)に新規就航する。日本路線の開設は初めて。

関西国際空港と 鄭州新鄭国際空港(CGO)、重慶江北国際空港(CKG)を結ぶ直行便で、どちらの路線も火・木・土曜日出発の週3往復。

運航機材はA320型機で、ビジネスクラス6席、エコノミークラス180席の全186席を提供する。

鄭州線のフライトスケジュールは、関空を23時55分に出発、鄭州には翌日の午前4時10分に到着。日本行きは鄭州を17時05分に出発、関空には同日の20時に到着する。重慶への飛行時間は約5時間10分。

重慶線のフライトスケジュールは、関空を21時に出発、重慶には翌日の深夜2時10分に到着する。日本行きは重慶を19時15分に出発(火曜日は18時55分発)、関空には23時に到着する。

中国西部航空は、海南航空(HU)のグループ会社で、重慶江北国際空港を拠点に中国国内線を中心とする80路線を運航している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
PN6426大阪・関西 (KIX) 23:55鄭州 (CGO) 03:10火木土
PN6425鄭州 (CGO) 16:05大阪・関西 (KIX) 20:00火木土
便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
PN6428大阪・関西 (KIX) 21:00重慶市 (CKG) 01:10火木土
PN6427重慶市 (CKG) 18:15大阪・関西 (KIX) 23:00火木土

プレスリリース: 中国西部航空が関西=鄭州線、関西=重慶線を新規就航! ~2019 年11 月26 日より運航開始~(PDF)

記事カテゴリー

2019年11月21日

» ページ上部へ戻る