海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > カンタス航空、羽田=メルボルン線に新規就航、2020年3月29日から毎日運航

カンタス航空、羽田=メルボルン線に新規就航、2020年3月29日から毎日運航

ワンワールドに加盟するカンタス航空(QF)は、2020年3月29日からの夏期スケジュール(夏ダイヤ)で羽田=メルボルン線の新規就航する。

東京国際空港(羽田空港)とメルボルン空港(MEL)を結ぶ直行便で、毎日運航する。また現行ダイヤで運航している成田=メルボルン線は運休となる。

2019年12月現在、カンタス航空では羽田=シドニー線、関西=シドニー線、成田=ブリスベン線、成田=メルボルン線、札幌・新千歳=シドニー線(季節瓶)を運航している。

またグループのジェットスター航空も日本=オーストラリア間でゴールドコーストやケアンズなどのビーチリゾート方面へ直行便を運航しているほか、同じワンワールドに加盟するJAL(日本航空)と一部便でコードシェアしている。

カンタスが運休する成田=メルボルン線は、JALが直行便を運航している。

新規開設される羽田=メルボルン線の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
QF80東京・羽田 (HND) 21:30メルボルン (MEL) 09:00毎日
QF79メルボルン (MEL) 10:30東京・羽田 (HND) 21:00毎日

運航中の成田=メルボルン線の時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
QF80成田 (NRT) 19:20メルボルン (MEL) 07:55毎日
QF79メルボルン (MEL) 09:20成田 (NRT) 17:40毎日

※フライトスケジュールは、時期・曜日などによっても異なります。ご利用予定日の発着時刻をカンタス航空ウェブサイトでご確認ください。

記事カテゴリー

2019年12月16日

» ページ上部へ戻る