海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > カンタス航空、関西=シドニー線を新規就航、2017年12月14日から週3便

カンタス航空、関西=シドニー線を新規就航、2017年12月14日から週3便

オーストラリアの大手航空会社、カンタス航空(QF)は2017年12月15日から関西=シドニー線を新規就航する。

カンタス航空では2007年夏スケジュールまで関西国際空港に就航しており、約10年ぶりの関空路線開設となる。

カンタス航空のA330-300
カンタス航空のA330-300

運行期間は、2017年12月14日(木)~2018年3月24日(土)で、南半球に位置するオーストラリアはちょうど夏期の観光シーズンとなる。ビジネスは渡航もちろん関西圏からオーストラリア旅行が便利になる。

フライトスケジュールは週3便で、関西発・シドニー発のいずれも月・木・土曜日。

月曜出発は、関西発が22時50分、シドニー着は翌日の10時40分。シドニー発は13時25分で、関西着は同日の21時20分。運航機材にはエアバス330-200型機が使用。

木・土曜出発は、関西を夜18時55分、シドニー着は翌日の6時45分。シドニー発は9時30分で、関西着は同日の17時25分。運航機材には月曜発よりも座席数の多いエアバス330-300型機を使用する計画だ。

A330-300は、全297席で、ビジネスクラス28席、エコノミークラス269席の2クラス制。

関西発・シドニー行きの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
QF34 関西 22:50 シドニー 10:40 *翌日 A332
関西 18:55 シドニー 06:45 *翌日 木土 A333

シドニー発、関西行きの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
QF33 シドニー 13:25 関西 21:20 A332
シドニー 09:30 関西 17:25 木土 A333

2017年8月現在、関西国際空港にはカンタス航空グループのLCCであるジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、ジェットスター・
ジャパンが就航しているほか、2017年9月にはジェットスター・パシフィック航空が就航を予定している。

プレスリリース:カンタス航空が関西=シドニー線を新規就航(PDF)

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年8月20日

» ページ上部へ戻る