海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > スカンジナビア航空、羽田=コペンハーゲン線に新規就航、2020年3月29日から

スカンジナビア航空、羽田=コペンハーゲン線に新規就航、2020年3月29日から

スターアライアンスに加盟するスカンジナビア航空(SK)は、2020年3月29日(日)から羽田=コペンハーゲン線に新規就航する。

東京国際空港(羽田空港)とデンマークのコペンハーゲン国際空港(CPH)を結ぶ直行便で、これまで運航してきた成田=コペンハーゲン線は運休する。

運航機材はスカンジナビア航空が新たに導入した最新鋭機のA350-900型機で、東京=コペンハーゲン間を毎日1往復する。

フライトスケジュールは、羽田を午前11時50分に出発、コペンハーゲンには同日の16時10分に到着する。日本行きの帰国便はコペンハーゲンを14時05分に出発、羽田には翌日の午前7時50分に到着する。

所要時間はコペンハーゲン行きが11時間20分、羽田行きが10時間50分で、日本からはヨーロッパへは比較的短い飛行時間は、ヨーロッパ各地への乗り継ぎでもメリットとなっている。

2020年夏期スケジュールからは同じスターアライアンスに加盟するANA(全日空)が羽田=ストックホルム線(スウェーデン直行便)を運航するほか、JAL(日本航空)とフィンエアーが羽田=ヘルシンキ線(フィンランド直行便)を新規開設する。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
SK984東京・羽田 (HND) 11:50コペンハーゲン (CPH) 16:10毎日
SK983コペンハーゲン (CPH) 14:05東京・羽田 (HND) 07:55毎日

記事カテゴリー

2019年12月9日

» ページ上部へ戻る