海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > シンガポール航空、2020年1月1日から関西=シンガポール線にA350-900中距離仕様を導入

シンガポール航空、2020年1月1日から関西=シンガポール線にA350-900中距離仕様を導入

スターアライアンスに加盟するシンガポール航空(SQ)は、2020年1月1日から関西=シンガポール線のSQ620便とSQ621便をA350-900型機で運航する。

関西国際空港とシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)を結ぶ直行便で、シンガポール航空では同路線の一部便にA359の中距離仕様を投入する。

ビジネスクラス
ビジネスクラス

座席は2クラス制の全303席で、 フルフラット仕様で40席を配置するビジネスクラスは全席通路に面する1-2-1のシート配列、263席のエコノミークラスは3-3-3のシート配列でスペースに余裕をもたせている。

機内エンターテイメントでは、タレス社製の最新システム「AVANT」と搭載。シンガポール航空のプログラム「クリスアワード」では、1,800以上のチャンネルを用意しており、映画やテレビ万国、オーディオプログラム、ゲームが楽しめる。

また域内Wi-Fiには、 SITAONAIRによるインマルサットの高速ブロードバンドサービス「GX Aviation」を装備しており、機内でも快適なネット環境を提供する。

エコノミークラス
エコノミークラス

関西発‐シンガポール行きの時刻表、機材はこちら。

便名出発時刻到着時刻機材
SQ619関西 11:00シンガポール 17:00B787-10
SQ621関西 16:55シンガポール 23:05A350-900
SQ623関西 23:30シンガポール 05:30B787-10

シンガポール発‐関西行きの時刻表、機材はこちら。

便名出発時刻到着時刻機材
SQ618シンガポール 01:30関西 08:45B787-10
SQ620シンガポール 08:25関西 15:40A350-900
SQ622シンガポール 14:05関西 21:20B787-10

シンガポール航空では、関西=シンガポール間を毎日3便(3往復)運航。SQ623便とSQ622便は、2019年12月27日から2020年1月6日まで、総2階建ての大型機であるA380-800型機で運航する。

記事カテゴリー

2019年12月23日

» ページ上部へ戻る