海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > タイ国際航空、2019年10月末に仙台=バンコク線就航

タイ国際航空、2019年10月末に仙台=バンコク線就航

タイ国際航空(TG)は、2019年10月30日(日)から仙台=バンコク線を就航する。 バンコク発は10月29日(土)が初便となる。

仙台国際空港とバンコクのスワンナプーム国際空港を結ぶ直行便で、2013年12月から2014年3月まで運航していた道路線は約5年半ぶりの再開。

出発曜日は、仙台発が水・金・日曜日、バンコク発が火・木・土曜日の週3往復を運航。

フライトスケジュールは、仙台発が午前11時15分、バンコク着が16時5分。バンコク発は23時50分で、仙台には翌日の朝7時30分に到着する。

運航機材はボーイングB777-200型機を予定している。

タイ国際航空では仙台就航を記念して、 前売り運賃「TGスーパーディール 仙台」を発売する。

販売期間は2019年7月6日までで、2019年10月30日から12月19日出発分が対象。エコノミークラスのバンコク行きを¥35,000~、プーケット/チェンマイ/クラビ行きを¥40,000~で設定する。

2019年6月現在、タイ国際航空では羽田、成田、大阪・関西、名古屋・中部、福岡、札幌からタイへの直行便を運航している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
TG627仙台 (SDJ) 11:15バンコク (BKK) 16:05火金日
TG626バンコク (BKK) 23:50仙台 (SDJ) 07:30火木土

※フライトスケジュール変更になる場合があります。搭乗予定日をタイ国際航空ウェブサイトでご確認ください。

参考:TGスーパーディール 仙台運賃

記事カテゴリー

2019年6月7日

» ページ上部へ戻る