東ヨーロッパ各国の時差とタイムゾーンを一覧表示

旅行ガイド > 海外旅行 > 東ヨーロッパ旅行 > 東ヨーロッパの時差

東ヨーロッパ各国の時差・標準時

東ヨーロッパの国々では、UTC+1の中央ヨーロッパ時間、UTC+2の東ヨーロッパ時間を採用する国がほとんどで、ベラルーシがUTC+3、アルメニアがTC+4となっています。

日本と東ヨーロッパ時差

東ヨーロッパと日本では、日本のほうが時間が進んでいます。採用している標準時によって異なりますが、東欧諸国のほうが5~8時間遅れています。

東ヨーロッパ各国のサマータイム

東欧諸国では多くの国でサマータイム(夏時間)を実施しています。毎年、3月最後の日曜日の深夜から10月最後の日曜日の深夜までがサマータイムとなり、日本との時差は1時間短くなります。

東ヨーロッパの時差一覧

標準時標準時(日本語)UTC日本との時差夏時間
トルコEET東ヨーロッパ時間UTC+3-6
ボスニア・ヘルツェゴビナCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
クロアチアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
チェコCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ハンガリーCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
マケドニアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
スロバキアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
スロベニアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
アルバニアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
ブルガリアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
エストニアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
ラトビアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
リトアニアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
モルドバEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
ルーマニアEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
ウクライナEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
ベラルーシUTC+3-6
アルメニアUTC+4-5

関連ページ

旅行ガイドTOP > 時差・時間・サマータイム > 東ヨーロッパ

» ページ上部へ戻る