ヨーロッパ各国の時差とタイムゾーンを一覧表示

旅行ガイド > 海外旅行 > ヨーロッパ旅行 > ヨーロッパの時差

ヨーロッパ各国の時差・標準時

西ヨーロッパの国々では、協定世界時(UTC)で±0となる西ヨーロッパ時間、UTC+1の中央ヨーロッパ時間、UTC+2の東ヨーロッパ時間が主に採用されています。

日本とヨーロッパ時差

ヨーロッパと日本では、日本のほうが時間が進んでおり、ヨーロッパのほうが6~9時間遅れています。日本との時差は、国によって、また夏時間(サマータイム期間)かどうかによっても異なります。

ヨーロッパ各国のサマータイム

ヨーロッパでは多くの国が夏時間を実施しており、3月末の日曜日から10月末の日曜日までサマータイムになります。日本との時差は、1時間短くなります。例えば、イギリスと日本の時差は、通常時は9時間ですが、サマータイム期間中は8時間となります。

ヨーロッパの時差一覧

標準時標準時(日本語)UTC日本との時差夏時間
アイルランドWET西ヨーロッパ時間UTC±0-9
ポルトガルWET西ヨーロッパ時間UTC±0-9
イギリスWET西ヨーロッパ時間UTC±0-9
アンドラCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ベルギーCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
フランスCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ドイツCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ジブラルタルCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
イタリアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
リヒテンシュタインCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ルクセンブルクCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
マルタCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
モナコCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
オランダCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ポーランドCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
サンマリノCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
スペインCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
スイスCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
バチカンCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8
ギリシャEET東ヨーロッパ時間UTC+2-7
オーストリアCET中央ヨーロッパ時間UTC+1-8

関連ページ

旅行ガイド > 時差・時間・サマータイム > ヨーロッパ

» ページ上部へ戻る