南アジア各国の時差とタイムゾーンを一覧表示

旅行ガイド > 時差・時間・サマータイム > 南アジア

南アジア各国の時差・標準時

南アジア諸国では、国によってさまざまな標準時が採用されてります。 インドやスリランカではUTC+5:30と協定世界時 (UTC) から5時間30分進んだ標準時、ネパールではUTC+5:45、モルディブやパキスタンではUTC+5が採用されています。

日本と南アジアの時差

日本と南アジアでは、日本のほうが時間が進んでいます。 例えば、IUTC+9の日本とUTC+5:30インドでは、時差が3時間30分あります。 日本とインドの時差を計算するには、日本時間-3時間30分となり、日本が朝10時のとき、インドは朝6時30分となります。

南アジア各国のサマータイム

東南アジアアジアでサマータイム(夏時間)を実施している国は、2015年1月現在ありません。

南アジアの時差一覧

標準時標準時(日本語)UTC日本との時差夏時間
バングラデシュBSTバングラデシュ標準時UTC+6-3
ブータンBTTブータン時間UTC+6-3
ネパールNPTネパール時間UTC+5:45-3.15
インドISTインド標準時UTC++5:30-3:30
モルディブMVTモルディブ時間UTC+5-4
パキスタンPKTパキスタン標準時UTC+5-4
スリランカISTインド標準時UTC+5:30-3:30

※日本との時差が -(マイナス)の場合、日本のほうが時間が進んでいます
※日本との時差が +(プラス)の場合、日本のほうが時間が遅れています

» ページ上部へ戻る