旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > クレジットカード > Apple Pay にクレジットカードを登録しておくメリットを解説!iPhoneなら財布を忘れても安心

Apple Pay にクレジットカードを登録しておくメリットを解説!iPhoneなら財布を忘れても安心

近年、キャッシュレス決済の広がりを後押ししているスマホ決済。 スマホを持っていれば、多くのお店やサービスでの支払いが済むようになりました。

今回の記事では、クレジットカードでの支払いをメインにしてい方も、Apple Pay にクレジットカードを登録・追加しておくメリットを紹介しています。

iPhone を使っているけど Apple Pay のことはよくわからない!そんな方にぜひ読んでもらいたい内容です。

財布を忘れてもiPhoneがあれば決済可能!

iPhoneを持つ人の写真

クレジットカードを持ち歩くとき、財布またはカードケースに収納しているが一般的ですね、

でももし財布を忘れてしまうと、現金はもちろんクレジットカード払いもできなくなってしまいます。

近年はSuicaなどの交通系ICカードやスマホ決済もできますが、高額の決済時ではやっぱりクレジットカードが便利!

Apple Pay にクレジットカードを登録しておけば、財布を忘れても iPhone や iPad があればクレジットカード決済できます

もちろん、Apple Pay に登録したカードは、これまで通りカードとして利用できます。

ただし、Suica の場合は、Apple Pay に登録すると、元のSuicaはICカードとしては使用できなくなります。

財布を出す手間が省ける

Apple Pay を最も手軽に利用する方法は、iPhone で Apple Pay することです。

スマートフォンの利用頻度が多い方なら、バックなどから財布を出してさらにクレジットカードを出すよりも、スマートフォンを出すだけのほうがスムーズ!

レジでは「iD」または「QUICPay」のどちらかで払うか伝えるだけです。

Apple Pay に取り込んだクレジットカードが「iD」と「QUICPay」のどちらに対応しているかは、取り込んだ「Wallet」アプリの画面で確認できます。

クレジットカード情報がお店に共有されない

クレジットカード決済端末の写真

Apple Pay にはセキュリティ面で安心のメリットもあります!

通常、クレジットカードで支払う場合は、店員にクレジットカードを渡すか、自分でカード決済端末に差し込みます。

つまりカード番号や名前、有効期限が見られる状態になっています。

クレジット番号情報を記憶されて不正利用された事件もあり、とくに通常のカードタイプではスキミング(カード情報を不正に読み取る手段)の被害にあう可能性もあります。

しかし、Apple Pay ではクレジットカード情報がお店・サービスに渡らないのです。

Apple からもデバイスからも実際のカード番号が送信されるがないため、不正利用されるリスクは極めて低いと考えられています。

この点は最大のメリットと言っても良いかもしれません。

カードをなくしたときの連絡先やカード情報がわかる

電話する人の写真

もしクレジットカードを入れていた財布をなくしてしまった場合、すぐにカード会社に利用を止めてもらう必要がありますね。

カードが手元にない状況でどこに連絡すれば良いのかわからない!そもそも自分が使っていたカードの発行会社がどこか知らない!そんなケースもあるのではないでしょうか。

Apple Pay にクレジットカードを登録しておくと、iOSの「設定」から「WalletとApple Pay」メニューを開くと、カード一覧を書きるほか、カード詳細画面からカード会社の連絡先にすぐ電話をかけることができます

財布やクレジットカードを紛失したときに、外出先でもすぐに対応できるのもメリットとなります。

iPhoneを紛失したり盗まれても大丈夫?

iPhoneにクレジットカードを登録できるのが Apple Pay のメリットですが、デメリットについても確認しておきましょう。

例えば、iPhone をどこかに落としてなくしてしまったり、盗難にあったときに、勝手にクレジットカードが使われてしまうのでは、といった心配があるのはないでしょうか。

しかしそこは Apple Pay ではしっかりと考えられています!

支払いにはパスコード、指紋認証または顔認証が必要

まず支払い時には、パスコードの入力、またはiPhoneのホームボタンを利用した「Touch ID」の指紋認証、またはカメラを利用した「Face ID」の顔認証、そのどちらかが必要です。

つまり iPhone の持ち主でなければ、Apple Pay に登録したクレジットカードで決済することはできません。

海外での盗難は要注意!不正利用されなくても iPhone は戻らない

iPhone

Apple Pay のセキュリティの話とは異なりますが、海外旅行など海外での滞在中は、iPhone の盗難には注意しておきましょう!

日本ならカフェなどの飲食店でちょっと目の前のテーブルに置いておいてもまず盗まれることはありませんが、海外では本人の目の前でも平気で盗んでいくこともあります。

また衣類のポケットやバッグの見えるところにしまっておくのも盗難のリスクがあります。

治安の悪い地域では、電話中や地図アプリを見ている途中でも盗まれてしまう場合もあります。

海外旅行中でとくに治安が悪いとされる地域、人気の観光地でも旅行者を狙った犯罪が多い場所では、iPhone を盗まれないように注意が必要です。

Apple Pay に登録してあるクレジットカードが不正利用されなかったとしても、盗まれた iPhone が戻ってくる可能性は低いと考えておきましょう。

Apple Pay に対応している iPhone はどれ?

iPhone7

iPhone は毎年9月頃に新機種が発表・発売されるのが通例となっています。 ではどの機種から Apple Pay に対応しているのか確認してみましょう。

機種名店舗(QUICPayまたはiD)Suicaアプリ/ウェブ発売時期
iPhone 5非対応非対応非対応2012年9月
iPhone 5s非対応非対応非対応2013年9月
iPhone 6非対応非対応対応2014年9月
iPhone 6s非対応非対応対応2015年9月
iPhone SE非対応非対応対応2016年3月
iPhone 7対応対応対応2016年9月
iPhone 8対応対応対応2017年9月
iPhone X対応対応対応2017年11月
iPhone XS対応対応対応2018年9月
iPhone XR対応対応対応2018年10月
iPhone 11対応対応対応2019年9月
iPhone 11 Pro対応対応対応2019年9月

店舗でのスマホ決済を含むすべての機能で Apple Pay が利用できるのは、2016年9月に発売された iPhone 7 以降です。

iPhone 6 と iPhone 6s、iPhone SE も Apple Pay には対応していますが、店舗での非接触タイプ(スマホをかざす決済方法)には対応していません。

つまりいわゆる店舗のスマホ決済や駅の自動改札でSuicaが利用できるのは iPhone 7 以降となります。

注意点としては、日本国外で販売された機種の場合、日本国内で Apple Pay が利用できるのは、iPhone 8 以降となります。

自分の iPhone 機種名を確認する

なんとなく買ったり機種変更すると、自分が使っている iPhone がどのシリーズか分からなくなっている方もいるのではないでしょうか。

iPhone で機種名を確認するには、「設定」メニューから「一般」メニュー、「情報」メニューを開くと「機種名」が表示されています。

  • 1. ホーム画面の「設定」アイコンから「設定」メニューを開く
  • 2. 「設定」メニューから「一般」を選択する
  • 3. 「一般」メニューから「情報」を選択する
  • 4. 上のほうにある「機種名」の欄を確認する

この「情報」メニューに表示されている「機種名」が、iPhone 7 以降に発売された iPhone なら Apple Pay でほぼすべての機能を利用できます。

クレジットカードからどうやって登録する?

では、iPhome の Apple Pay にクレジットカードを登録してみましょう。

カードの追加できるのは「Wallet」アプリまたは「設定」です。

「Wallet」アプリで登録

Apple Pay にクレジットカードを登録する方法のひとつが、「Wallet」アプリでの追加です。

  • 1. ホーム画面から「Wallet」アプリを開く
  • 2. 右上の「+」ボタンからカードを追加するメニューに進む
  • 3. カードの種類で「クレジット/プリペイドカード」メニューを選択
  • 4. カメラアプリでカードを撮影して読み込むか手動でカード情報を入力
  • 5. カードによってSMSなどでの認証番号の入力を求められる

「Wallet」アプリがどこにあるか分からなければ、「App Store」のアプリで検索する方法、Siriに話しかけて開いてもらう方法、Googleなどで「apple wallet」などで検索して App Store(ウェブ版)経由で開く方法、などがあります。

名前やカード番号が間違って読み込まれる場合は、自分で修正する必要があります。 またカード追加時に必要な「名前」はカードに記載されている自分の名前(アルファベット表記)、「セキュリティコード」はカード裏面の書面欄に記載されている数字です。

「設定」で登録

また「設定」メニューからの追加することもできます。

  • 1. ホーム画面の「設定」アイコンから「設定」メニューを開く
  • 2. メニューから「Wallet と Apple Pay」を選択する
  • 3. カードを追加を選択
  • 4. カードの種類で「クレジット/プリペイドカード」メニューを選択
  • 5. カメラアプリでカードを撮影して読み込むか手動でカード情報を入力
  • 6. カードによってSMSなどでの認証番号の入力を求められる

カードを読み込んで追加する段階からは「Wallet」アプリでも「設定」メニューでも手順は同じです。

「設定」の「Wallet と Apple Pay」メニューでは、登録しているカードを一覧で確認できるので、「Wallet」アプリで登録した場合でもチェックしてみるのがおすすめです。

Apple Pay に登録できるクレジットカード

Apple Pay の利便性が高い点のひとつが、ほとんどのクレジットカードが登録できることです。

日本国内で発行されているクレジットカードでは、サービス開始から年々その対応カードが増えています。

登録できるか登録できないかは、実際に iPhone で読み込んでみたり、手動入力を試してみればすぐに分かります。

登録できないクレジットカード(2019年11月現在)

Apple Pay に登録できないクレジットカードでは、一部の銀行系クレジットカードが該当します。 またダイナースクラブカード、三菱 UFJニコスのJCBとアメリカン・エキスプレスが登録できないので、登録できなかった方は、この条件に該当しているかもしれません。

  • 三菱 UFJニコスのJCBカード、アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブカード
  • ヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラス
  • 一部の銀行系クレジットカードのUCカード、アメリカン・エキスプレス
  • 一部の銀行系クレジットカードのDCカード、UCカード、アメリカン・エキスプレス

最新の対象カード、対象外カードは、Apple の公式ウェブページで確認できます。

Apple Pay でクレジットカード利用まとめ

今回は、Apple Pay にクレジットカードを登録しておくメリット、カードの追加方法、使い方をチェックしてきました。

最後に改めてポイントを確認しておきましょう!

  • Apple Pay なら財布を忘れてもクレジット決済できる
  • 財布を出す手間がない
  • カード番号が渡らないのでセキュリティ面でも安心
  • 対応する機種は iPhone 7 以降
  • カードの追加は「Walletアプリ」または「設定」からいますぐできる
  • ほとんどのクレジットカードが登録できる

気になるデメリットはほぼないと言って良いほど、Apple Pay の使い勝手は良くなっています。

もちろん充電切れやうまく動作しなかったときのために、通常のクレジットカードも合わせて持ち歩くほうが安心!

状況に応じてカードとスマホをうまく使い分けて、スムーズなキャッシュレス決済を使っていきましょう。

まだクレジットカードを持っていない方は、「クレジットカードで最初の1枚をつくるならMastercardかVisaにする理由・メリットを解説」や「クレジットカードのランクは何がある?カードの種類をグレードごとにメリット解説」も合わえてご覧ください。

スマホ決済などのキャッシュレス決済で、航空会社のマイルを貯めるなら「日常生活でマイルをどんどん貯めて陸マイラーに!クレジットカード払いができる場所・サービスをチェック」でも解説しています。

» ページ上部へ戻る