旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > クレジットカード > クレジットカードの解約は実はかんたん!手続き方法と捨て方、解約前に確認すべきチェックリスト

クレジットカードの解約は実はかんたん!手続き方法と捨て方、解約前に確認すべきチェックリスト

この記事では、クレジットカードを解約(退会手続き)するかんたんな方法、解約前にチェックしておきくべきポイントやデメリットについても解説しています。また退会するカードの選び方やタイミング、破棄するカードの捨て方も紹介!

クレジットカードの解約方法は電話するだけ

ではまず本題の「クレジットカードを解約(退会)する方法」を簡潔に紹介します!

その方法とは、クレジットカードの解約は電話するだけ、以上で完了します。

申し込むときには、様々な個人情報を記入したり、身分証明証のコピーを送ったりと面倒ですが、解約はとっても簡単な手続きで終了します。

どの電話番号に電話する?

解約手続きでかける電話番号は、Googleなどで「○○カード 解約」と検索すれば、おおよそすぐに見つかるはずです。

提携カードの場合は、どっちの会社?と迷ってしまうこともあるかもしれませんが、迷ったり分からなかったらカード裏面に記載されている電話番号にかけてみましょう。

電話でオペレーターに伝える

多くのカード会社では電話するとオペレーターにつながり、退会希望を伝えればすぐに解約手続きに入ってもらえます。 解約のデメリットや継続するメリットなどをいろいろと說明されるのでは?と想定している方もいるかもしれませんが、引き止めらることはほとんどなく、いくつかの確認事項だけで、感じ良くすぐに処理してくれます

自動音声での退会手続き

カード会社によっては、番号を押して進んでいくタイプの自動音声で退会手続きが完了することもあります。 カード番号のほか、暗証番号または生年月日・電話番号などが必要になります。 暗証番号はカード決済時に利用する4桁の番号が一般的です。

インターネットで解約手続きできるカードもある!

JCBの一般カード会員などは、インターネットの会員ページから退会手続きができます。 必要事項を入力して進んでいくだけで完了するのでとても便利です。

解約・退会する前のチェックリスト

ではここからは解約の手続きをする前に、チェックしておきたいポイントを整理しておきましょう。

  • 引き落としが済んでいない未払い額がないかどうか
  • 電気・水道など公共料金などの引き落としに使ってないか
  • 各種サービスの定期的な支払いに登録していないか
  • 利用しているお店・サービスの会員カード機能をかねてないか
  • ETCカードや家族カードなど関連カードを使っていないか
  • 電子マネーへのオートチャージを設定してないか
  • 使用・移行できるポイントは残っていないか
  • 年会費は残存期間分も帰ってこない

引き落としが済んでいない未払い額がないかどうか

クレジットカードは基本的に、締め日までの利用分(計上された分)が翌月や翌々日に口座から引き落とされます。

退会手続きをしようと思っても、タイミングによっては過去1ヶ月~2ヶ月分くらいの支払いが残っている可能性もあります。

また分割払いやリボ払いを利用していた場合は、その未払い分が積み重なって残存している可能性もあるので、よく確認しておく必要があります。

解約すると未払い分を一括で請求されることもあるので、自分の利用状況と解約した場合に未払い額がいくら請求されるのか、よく確認しておく必要があります。

一般的にカードの解約金は設定されていないので、あくまでも請求されるのが未払い分となります。

公共料金の継続的な支払いに登録がないか

近年は、電気代、ガス代、水道代をカード払いすることも珍しくなくなりました。 毎月のように支払いが発生する料金なので、解約するカードで登録していないか必ず確認しておきましょう。

カードでの引き落としができなくても、すぐに電気・ガス・水道が止まる訳ではありませんが、コンビニ払いや振り込みでの支払いが発生したり、未払いの記録が残ってしまう可能性があります。

各種サービスの定期的な支払いに登録がないか

公共料金と同様に、携帯電話やインターネットプロバイダなど各種サービスの月額利用料を継続的に支払っている場合は、事前に他のクレジットカードに変更したり、支払い方法を変更しておく必要があります。

解約したまま支払いの変更を忘れていると、利用しているサービスが停止してしまったり不都合が生じることがあるので、必ず直近の明細、残っていれば過去1年くらいの明細をチェックしておくのがおすすめです。

利用しているお店・サービスの会員カードとなってないか

クレジットカードを申し込むタイミングのひとつに、スポーツジムや各種サービスの会員登録、賃貸契約などの申込みに必要だったということがあります。

カードを解約しても会員登録に影響がない場合は問題ありませんが、クレジッドカード保有が会員の条件となってないか解約前に確認しておきましょう。

ETCカードや家族カードなど関連カードを使ってないか

クレジットカードをつくると、合わせて高速道路用のETCカードや家族会員向けの家族カードを作成していることがあるかもしれません。

基本的に本会員のクレジットカードを解約すると、関連するETCカードと家族カードも自動的に解約となります。

クレジットカードを解約したらETCで使えるカードがなくなってしまった!という場合や、エラーに気づかず解約を忘れたまま料金所を通過してゲートが開かなかった!ということがないように、ふだんどのETCカードを使っていて、どのクレジットカードに関連付いているのかも確認してみましょう。

電子マネーへのオートチャージを設定してないか

駅の改札機

近年、クレジットカードの用途のひとつに、電子マネーやキャッシュレス決済へのチャージを目的とする場合も増えてきました。

オートチャージを設定したままクレジットカードを退会手続きすると、もちろんオートチャージ機能は停止するので、改札を通ってもチャージはされないままとなります。

解約前に他のカードを設定するか、オートチャージの設定を解除しておくのがおすすめです。

またクレジットカードにSuicaやPASMOの機能が付いていることもあるので、そのような場合は電子マネーの残金が解約によってどのように処理されるかも確認しておきましょう。

使用・移行できるポイントは残っていないか

クレジットカードを解約すると、当然のことながらそのカードが提供していた各種サービスも使用できなくなります。

もったない例のひとつとして、カード利用などで貯まっていたポイントがある場合です。これらのポイントは解約によって失効するのが一般的です。

もしポイントが何かに使えるのであれば事前に使っておいたり、他のポイントサービスや航空会社のマイルに移行できるのであれば、移行手続きを済ませておきましょう。

年会費は残存期間分も帰ってこない

多くのクレジットカードには年会費が設定されており、毎年決まった月に年会費が引き落とされます。 引き落とし月は基本的に最初に申し込んだ月やその前後の月となります。

クレジットカードを解約すると、現在の年会費が有効な期間が残っていても、一般的に返金はないと考えておきましょう。

この後もまた解説しますが、解約したいカードがある場合は、年会費の残りの期間は気にせず、いますぐに解約するのがおすすめです。

クレジットカードを整理しよう

クレジットカードは何らかのタイミングで作ってそのまま使わないカードが増えていた、なんてこともありますね。

商業ビルやショップ、スポーツジム、インターネットサービス、ポイント系など、様々なクレジットカードが発行されており、1枚だけでなく何枚も所持している方もいるのではないでしょうか。

使わないカードは年会費の無駄

まずいま持っているクレジットカードをすべて出して確認してみましょう。

それらのカードのうち、ふだん使っているカード、使っていないカード、今後持っているだけではメリットのないカードに分けてみます。

  • ふだん使っているクレジットカード
  • 使っていないクレジットカード
  • 持っているだけではメリットのないクレジットカード

ふだん使っているクレジットカード

まず解約する必要のないカードを確認します。

公共料金や電話などスマートフォンの支払い、日々のショッピングで主に利用するカードを絞ります。 これは解約する必要のないカードですね。

でもこの機会にメインカードを別のカードに切り替えることを検討してみても良いかもれしれません。

生活スタイルは変わっていくものですので、いまの自分がお得に感じる特典や割引があったり、いまよりもっとポイントやマイルが貯まるカードが見つかるかもしれません。

使っていないクレジットカード

過去に何らかの理由でつくったクレジットカードのうち、今では使っていないクレジットカードは解約を検討してみましょう。

ただし持っているだけでメリットがある場合やふだん利用しているサービスの会員カードとなっている場合は、支払いに利用していなくても持っているメリットがある可能性があります。

楽天カードとANAカード

例えば、楽天カードは持っているだけで SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイントアップになるので、楽天で買い物することがあれば持っておいて損はありません。とくに一般カードは年会費もないのでとりあえず持っておくのがおすすめです。

他には会員カードを兼ねている場合、そのサービスを利用している限りは、カードを所持する必要があるかもしれません。 解約する前に会員規約などをよく確認してみましょう。

他の可能性としては、実はETCカードだけは使っていたり、家族カードで家族はよく使っている可能性もあります。 関連するカードでの使用がないかも確認しておきましょう。

持っているだけではメリットのないクレジットカード

いますぐ解約する対象として良いのが、ふだん使っていなくてカードで、さらに持っているだけではメリットのないクレジットカードです。

とくに年会費がかかる場合は、一般的に毎年1,000円以上の年会費がかかるので、所持しているだけで損していることになります。

次の年会費がいつ引き落とされる?と調べる必要もありません。いますぐ電話またはインターネットから解約しましょう。

解約のデメリットはある?

クレジットカードを解約するときに、もしかして解約するとデメリットもあるのかも?と疑問に思うこともあるかもしれません。

そのカードを現時点で必要としていないのであれば、大きなデメリットはないと考えて大丈夫です。

可能性として挙げられるのは、ひとつ前で解説したように「持っているだけでメリットになるカード」は、解約すると実は気づかないうちに特典を受けてたサービスがなくなった、ということがあります。

しかし「いま解約したら年会費がもったいない?」といった理由でデメリットを想定しているなら、その必要はありません。解約を忘れてまた次の年会費が請求されてしまうほうがもったいないので、他に問題がなければいますぐ解約してしまいましょう。

クレジットカードはいつまでに解約する?

解約したいクレジットカードがあるときに気になるのが、いつまでに解約するの損しないかという疑問がありますね。 いつまで持っていればお得ということにもなります。

おそらくこの疑問は、年会費の支払い月が気になる点と、持っていることでのサービスや特典を期待しての事ではないでしょうか。

しかしもし解約したいカードがあれば、そのタイミングは今です。

ずるずると先に延ばしてしまうと、気付いたらまた年会費の支払い月が来てしまったり、そもそもそのクレジットカードを持っていることさえも忘れてしまうかもしれません。

また生活の変化や引越などで、カードをどこに保管したか忘れてしまうかもしれません。

解約したいカードがあれば、いますぐ解約の手続きをしましょう!

解約したカードはどうする?

電話やオンラインなどでクレジットカードの解約が完了したら、所持しているカードそのものは不要になります。

解約した段階で使用不可になりますが、名前や提携カードなら会員番号が印字されている場合もあるので、ハサミで切って破棄するほうが個人情報保護の観点からもオススメです。

ただし解約後に何らかの理由で、カード番号が必要になることがあるかもしれません。 例えば、解約したカード払いで何らかの継続的な支払い登録があった場合や、支払いが残っていた場合など、どの番号のカードかわからなくなってしまうと不便なことがあるかもしれません。

解約するカードをどのように使っていたか、念のため確認してから捨てるようにしましょう。

とは言え、そのまま保管していると、そのクレジットカードを解約したかどうか分からなくなってしまうので、ハサミを半分でも入れてから少しの間だけ保管しておいても良いでしょう。

クレジットカードは何ゴミ?捨て方をチェック

おそらく電話で退会手続きした場合、オペレーターの方に「ハサミで切って破棄してください」と言われることがあります。

そのあとでゴミに出すことになりますが、そのとき疑問になるのが可燃ゴミなのか不燃ごみなのかという点ですね。

基本的には住んでいる自治体のルールに従うことになりますが、例えば東京都23区では「可燃ごみ(燃やすごみ)」で問題ありません。

念のためカードが見えないように、いらない封筒や新聞紙・雑がみ包んで捨てるのがおすすめです。

クレジットカード解約のまとめ

ここまで解約前のチェックポイントから、解約するカード選び、解約方法、処分方法まで一通りチェックしてきました。

最後に改めて重要なポイントを確認してみましょう。

  • 解約するタイミングは今!年会費の残存期間は気にしない
  • 解約する前に、継続的な支払いに使用してないかチェック
  • 解約する前に、連携する電子マネーなどをチェック
  • 解約する前に、会員カード機能をかねてないかチェック
  • 解約は電話するだけ!オンラインで解約申請できることも
  • 解約したらハサミで切って捨てる

カードを整理して改めて自分にぴったりのクレジットカードを探している方は、ぜひ「おすすめのクレジットカード」をチェックしてみてください。

クレジットカードの支払いで航空会社のマイルを貯めてみたい方向けには、「日常生活でマイルをどんどん貯めて陸マイラーに!クレジットカード払いができる場所・サービスをチェック」でも詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

» ページ上部へ戻る