東京都の旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 国内旅行 > 東京都 旅行 > 東京に住むならおすすめの路線はどれ?引越で検討したいJR路線ごとのイメージ・特徴を比較

東京に住むならおすすめの路線はどれ?引越で検討したいJR路線ごとのイメージ・特徴を比較

この記事では、東京都を中心に神奈川県、埼玉県、千葉県を走るJR路線、沿線ごとのイメージを紹介。山手線、中央線、埼京線。京浜東北線などの路線イメージを人気の駅や印象で比較します。

JR山手線

東京の主要駅を環状線でJR山手線は、沿線に住んでいれば電車での移動がとても便利な路線です。 多くの駅の他の路線と乗り換えができるほか、終電も遅いため、都心での活動が多いかにも人気があります。

JR山手線の電車

路線のイメージ?

山手線はこれといってイメージのない路線ですが、乗る区間によって混雑具合や車内の印象が大きく異なります。

混雑しがちなのは池袋~新宿~渋谷、上野~東京~品川など主要駅が集中する区間で、他の区間では通勤通学・帰宅時間帯でもそれほど混雑していないことも。

人気の駅は?

よく住みたい駅ランキングで名前があがるのが「恵比寿」や「目黒」です。 駅前はお店も多くオフィス街でもありますが、周囲は閑静な住宅街なので、駅名の知名度だけでなく、住む環境は実際に悪くないのがその理由かもしえません。

北側の大塚~上野周辺は、下町の雰囲気が残り比較的のんびりとした時間が感じられるエリアで、街テレビ番組のロケでよく登場する「巣鴨」(すがも)などの駅もあります。

周辺に大学が点在する「高田馬場駅」(たかだのばば)は学生に人気。隣の「新大久保駅」は韓国などの海外文化でも知られるエリアです。

沿線で駅周辺がオフィス街中心となるのが、秋葉原、神田、東京、有楽町、新橋、浜松町、田町、品川、大崎などの駅。新宿、渋谷、池袋などの西側では大きな主要駅でも、住みたい街に選ばえることがあり、実際に駅周辺には賃貸マンションも数多くあります。

JR中央線

JR中央線の電車

JR中央線は、東京都内を東西に走るJR東日本を代表する鉄道路線のひとつです。 東京駅から新宿、立川、八王子、高尾を結び、一部の列車はJR中央本線、JR青梅線、JR五日市線、JR八高線、富士急行線など、多くの路線への直通運転があります。

路線のイメージは?

中央線のイメージは、よく言われるもので「遅延が多い」や「混雑がひどい」といってマイナスな点があります。

たしかに平日朝の通勤時間帯は、定刻よりも5~15分遅れて走ることはよくあることです。 混雑はというと、朝の上り方面(東京行き)はたしかに混雑していますし、夕方から夜の下り方面(立川・高尾方面)も混雑はしています。

しかし言われるほどすごい遅れや混雑は稀で、武蔵境~武蔵小金井駅が高架化されたことで踏切も減り、大きく遅れるような要因は減ってきています。

また中央線はよくサブカルチャーに代表されるように、個性豊かな駅が続いていることもそれ自体が特徴。 中野、高円寺、阿佐ケ谷、吉祥寺、立川、八王子など、地方在住の方でもテレビなどメディアで耳にしたことのある地名・駅前があるのではないでしょうか。

他にも荻窪、西荻窪、国立なども雑誌で特集される特色ある町に駅があり、さらに高尾山へのアクセスでも乗り換え駅となっている高尾、都心では神田、御茶ノ水、四ツ谷といった知名度のある駅が続きます。

山手線の内側を走るのは中央線だけで、東京駅と新宿駅の主要駅を結び、特急が山梨県・長野県へのアクセスとなっていることも、他の路線にはない主要路線として存在感がある理由となっていると言えます。

人気の駅は?

中央線で人気の駅と言えば、住んでみたい町ランキングで常連である「吉祥寺」の名前が真っ先に挙がります。

他にも中野、高円寺、阿佐ケ谷、三鷹、立川など人気の駅が点在しているほか、それらの間にある駅も人気があり、全体的に家賃相場は高めとされています。

また始発駅なら武蔵小金井、特快の停車駅なら国分寺も人気。閑静な住宅街なら国立(くにたち)なども選ばれます。

知っておきたいチェックポイント

  • 終電が遅い(新宿発では最も遅い)
  • 土休日ダイヤでは快速が高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪を通過
  • 4号車にトイレ設置予定(順次工事中、2019年度末から使用可)
  • 12両化&グリーン車導入予定(2023年度末を予定)(

現在、中央線ではグリーン車の導入工事や準備が進められています。 快速や中央特快などで走るすべての列車にグリーン車2両が組み込まれる予定で、現在の10両編成から12両編成へなります。

着席サービスという点では現在の特急や以前のライナーよりも、格段にサービスが向上するので、将来を見据えて中央線を選ぶという選択肢もあります。

なおグリーン車導入やホームドア設置などの理由から、これまで早朝・深夜帯に各駅停車として走っていた中央線(オレンジの電車)は、2020年3月14日(土)のダイヤ改正で総武線各駅停車(黄色の電車)の車両へと変更になります。 この大きな変更により、東中野、大久保、代々木、千駄ケ谷、信濃町、市ケ谷、飯田橋、水道橋の各駅には、オレンジの中央線は停車しなくなります

JR中央・総武線各駅停車

JR中央・総武線各駅停車は、東京都の三鷹駅・中野駅と千葉県の津田沼駅・千葉駅を東西に結ぶ鉄道路線です。

駅などでは「JR中央・総武線各駅停車」と案内されますが、一般的には黄色の電車で走る「総武線の各駅停車」というイメージがあります。

三鷹~御茶ノ水駅間で並走するJR中央線が「快速」中心であることから、東京側では「総武線」といえば「各駅停車」のことを連想する方も少なくありません。

千葉県側では、総武線快速が錦糸町駅以東では並走しているため、総武線というとJR横須賀線や成田空港方面に直通する「快速」と「各駅停車」で意味が異なります。

路線のイメージは?

秋葉原から東側(台東区・墨田区・江東区・千葉県側)は、個性的なイメージ街が多いことでも知られています。

繁華街で夜のお店も多い「錦糸町駅」、個性的な方が集っているというイメージもある「新小岩駅」や「小岩駅」は、総武線各駅停車の駅です。

また「秋葉原駅」を通るので、秋葉原のアニメやゲームなどのカルチャーに親しむならアクセスの良い路線でもあります。JR山手線やJR京浜東北線との乗り換えにも便利です。

新宿駅より西側では「高円寺駅」や「阿佐ヶ谷駅」といったこちらも独自のカルチャーが根付く駅が点在。 土休日ダイヤでは、JR中央線快速が高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、西荻窪駅を通過するため、JR中央・総武線各駅停車が主な路線となります。

知っておきたいチェックポイント

  • 総武線快速、中央線快速の遅延・運転見合わせの影響を受ける
  • 御茶ノ水・秋葉原駅を境に東西の印象は多きく変わる
  • JR中央線が走る三鷹~御茶ノ水駅間では黄色い電車で走る「総武線」または「各駅停車」のこと
  • JR・地下鉄との乗り換え駅が便利
  • 西側の三鷹~中野駅間、東側の西船橋~津田沼駅間は東京メトロ東京メトロ線が乗り入れ

JR中央・総武線各駅停車は、JR中央線快速とJR総武線快速に並走する各駅停車の路線でで、快速と区別する意味で「緩行線」(かんこうせん)と呼ばれることもあります。

どちらかの路線で運転見合わせが発生すると、影響を受けて同時に運転見合わせとなる場合はデメリットとなりますが、各駅停車だけは走る場合もあります。逆に中央・総武線各駅停車が見合わせになっても、快速のほうが走っていれば移動することができるのはメリットです。

JR京浜東北線

JR京浜東北線の電車

JR京浜東北線(けいひんとうほくせん)は、埼玉県の大宮駅と神奈川県の大船駅を南北に走る路線です。

途中駅では、浦和駅、赤羽駅、上野駅、秋葉原駅、東京駅、品川駅、川崎駅、横浜駅などの乗降客が多い主要駅を通り、田端~品川駅間ではJR山手線と並走しています。

路線のイメージは?

埼玉県の大都市「大宮」と神奈川県の大都市「横浜」を結び、東京都心を走り抜けることから、路線のイメージが場所によって様々です。

沿線には海外出身の方が多く住む街も点在しており、異国文化に親しめる飲食店が多いのも特徴です。 全国的に有名な横浜中華街は「石川町駅」が最寄り、また埼玉県の「蕨駅」(わらび)周辺にはクルド人が多く集まっているほか、以前は夜の街というイメージが強かった「西川口駅」西口も中華街の雰囲気があります。

また23区内の上野~王子駅間あたりは「下町」、埼玉県の「さいたま新都心」や神奈川県の横浜みなとみらいにアクセスできる「桜木町駅」など、特徴あるエリアが沿線にはいくつもあります。

知っておきたいチェックポイント

  • 並走するJR山手線、JR東海道線、JR横須賀線で遅延・見合わせが発生すると影響を受ける
  • 横浜~大船駅間は「根岸線」(ねぎしせん)と案内されることがある
  • 日中は田端~品川駅間で快速運転
  • 羽田空港方面へのアクセスが便利

京浜東北線は、大船~横浜駅間のほぼ全ての区間で、他の路線と並走しています。 そのため並んで走るJR山手線、JR東海道線、JR横須賀線などで運転の見合わせや遅延が発生すると、合わせて運転見合わせとなったり、激しい混雑となることがあります。

JR山手線と並走する田端~品川駅間で、日中に快速運転を行い、西日暮里駅、日暮里駅、鶯谷駅、有楽町駅、新橋駅を通過します。

JR埼京線

JR埼京線の電車

JR埼京線(さいきょうせん)は、埼玉県の川越駅・大宮駅と東京都の大崎駅を結ぶ路線です。

埼玉県側では、川越~大宮駅はJR川越線となっていますが、大宮駅を直通する電車はすべてJR埼京線の電車です。

また東京都側では、お台場エリアの「東京テレポート駅」を通って新木場駅まで走る「りんかい線」に乗り入れています。りんかい線の電車も川越駅まで直通運転しています。

さらに2019年11月30日(土)ダイヤ改正から神奈川県の海老名駅まで直通する「相鉄本線」が新宿駅までの乗り入れを開始。埼京線の電車も海老名駅まで直通運転しています。

路線のイメージは?

埼京線と言えば「痴漢が多い」というイメージがあり、その理由は駅間の所要時間が長いことなども挙げられていました。首都圏のJR鉄道路線では、いち早く試験的に防犯カメラの設置が始まりました。

池袋~赤羽駅間はかつて国鉄の「赤羽線」として親しまれたいた古くからある区間ですが、赤羽~大宮駅間は東北新幹線の開業後に並行する在来線として新たに開業した比較的新しい区間です。

池袋~赤羽駅に位置する板橋駅と十条駅は、地上を走る区間で踏切が残り、下町の雰囲気も残ります。 十条には大きな商店街があり、テレビ番組のロケでも度々登場します。

人気の駅は?

池袋に近い「板橋駅」と商店街が有名な「十条駅」は、ファミリーにも学生にも人気の街。

埼玉県内では、JR武蔵野線との乗り換え駅でもある「武蔵浦和駅」が人気。 埼京線が止まっても、武蔵野線と京浜東北線を乗り継げば、都心や大宮駅への移動ができます。

また「戸田公園駅」と「浮間舟渡駅」の周辺なら毎年夏に同時開催される人気の花火大会「いたばし花火」と「戸田橋花火大会」をベランダや近所から観ることができるの点も人気です。

都心で発着する駅では「住みたい街ランキング」でも上位に登場する「恵比寿駅」も候補になりますが、家賃相場は都内でも高めです。

知っておきたいチェックポイント

  • 新宿駅始発で埼玉方面へアクセス・帰宅できる
  • 夜の池袋駅から赤羽・大宮方面は混雑する
  • りんかい線の新木場駅、相鉄線の海老名駅まで直通運転
  • 駅によっては湘南新宿ライン、JR京浜東北線が都心・大宮方面への迂回路になる
  • 池袋~大崎駅間はJR山手線と並走、JR湘南新宿ラインが同じ線路・ホームを走行
  • 将来的にはJR「羽田空港アクセス線(仮称)」との直通も検討?

JR埼京線は、大宮・赤羽・池袋・渋谷といった主要駅を結ぶ路線で、都心はもちろん大宮へのアクセスも便利。

また、りんかい線直通に乗れば、お台場エリアにある「東京テレポート駅」やJR京葉線との乗り換え駅でもある「新木場駅」まで乗り換えなしで行くことができます。新木場駅で京葉線に乗り換えれば、東京ディズニーリゾートの最寄り駅「舞浜駅」へもあと2駅です。

埼京線が運転を見合わせた場合、大宮・武蔵浦和・赤羽・池袋などの駅では、湘南新宿ラインや京浜東北線、上野東京ラインを利用して大宮・都心へのアクセスができるます。

逆に並走するJR山手線や同じ線路を走る湘南新宿ラインの影響を受けやすく、他路線が原因の遅延や運転見合わせではでも、埼京線が運転見合わせや遅延などの影響がある場合が多々あります。

JR京葉線

JR京葉線(けいようせん)は、東京駅と千葉県の蘇我駅(そが)を結ぶ路線で、一部の列車やJR外房線やJR内房線、JR東金線に直通運転しています。またJR武蔵野線が東京駅まで乗り入れています(JR「有楽町駅」からも乗り換えできます)。

舞浜駅付近を走るJR京葉線

路線のイメージは?

東京駅では地下ホームで発着しており、他の路線とは離れているため、乗り換えに時間がかかるイメージにある路線です。

また東京ディズニーリゾート最寄り駅「舞浜駅」を通るため、時間帯によってはディズニー帰りの乗客で混雑するイメージもあります。

東京湾岸を走っており、工場・倉庫が立ち並ぶエリア、大型マンションが点在するエリア、海浜幕張といった副都心といった特徴があります。

人気の駅は?

都心を除くと住みたい街で人気の駅は、ほとんどが千葉県内に位置しています。

駅直結のショッピングセンターがあり都心やディズニーにも近く便利な「新浦安駅」、大型商業施設の「ららぽーとTOKYO-BAY」がある「南船橋駅」駅、イオンモールやコストコ、アウトレットモールがあり買い物にも便利な「海浜幕張駅」はとくに人気。

比較的リーズナブルな家賃が魅力の「稲毛海岸駅」は、駅近くにスーパーなど商業施設が揃っているほか、稲毛海浜公園 にも近いことからファミリーにも人気です。

ちなみに成人式が東京ディズニーランドのショーベースで開催されることでも知られる千葉県浦安市にある駅は、JR京葉線では舞浜駅と新浦安駅のみ。他の路線では東京メトロ東西線の「浦安駅」があります。

知っておきたいチェックポイント

  • 強風や台風では運転見合わせになることがある
  • 都心へ向かう迂回路線が少ない
  • 東京駅の地下ホームが遠く、他の路線との乗り換えに時間がかかる
  • ディズニーランド、ディズニーシーの最寄り駅があり時間帯や土休日によって混雑
  • イオンモール幕張新都心近くに新駅が開業予定(2023年度)

京葉線を利用する注意点としては、海沿いで高架線を走ることから強風に弱いというデメリットがあります。 首都圏を台風が近づくと、真っ先に運転見合わせになるのがJR京葉線です。

他路線との乗り換えでは、新木場駅での東京メトロ有楽町、JR埼京線にも直通するりんかい線、八丁堀駅での東京メトロ日比谷線がありますが、どれも東京都内にある都心寄りの駅です。

内陸側では、東京メトロ東西線や京成本線または京成千葉線が走っていますが、迂回して都心へ向かうには路線バスやタクシーでの移動が必要になります。

また沿線では、新習志野~海浜幕張駅間のイオンモール幕張新都心ファミリーモール前に新しい駅が開設されることが決まっており、2023年度の開業が予定されています。今後、京葉線沿線への引っ越しを検討していればこの新駅にも注目です。

都心以外の路線

ここからは東京都心部ではなく、多摩地域を走るJR路線を紹介。 周辺の神奈川県、埼玉県、千葉県の中心都市を結ぶ路線にも注目してみましょう。

JR青梅線

JR青梅線の電車

JR青梅線(おうめせん)は、東京都西部で最も賑わう駅のひとつである立川駅と奥多摩への玄関口でもある青梅駅、そして奥多摩駅を結ぶ路線です。

ほとんどの列車は、立川~青梅駅、青梅駅~奥多摩駅で分離されており、直通運転はごく一部となっています。

また多くの列車が、JR中央線に直通運転をしているため、乗り換えなしで新宿駅、東京駅にアクセスすることができます。とくに日中を中心に走る「青梅特快」(おうめとっかい)は便利で、中央線内の停車駅が少ないため、都心へ早くでることができます。

沿線で乗降客が多い駅は、昭島(あきしま)、拝島(はいじま)、福生(ふっさ)、河辺(かべ)などで、駅前に商業施設もあります。

直通する中央線と比べると家賃はぐっと安くなります。

JR南武線

JR南武線の電車

JR南武線(なんぶせん)は、東京駅西部の立川駅と神奈川県の川崎駅を結ぶ路線です。

沿線は私鉄との乗り換え駅が多く、分倍河原駅でJR京王線、稲田堤駅で京王相模原線、登戸駅で小田急小田原線、武蔵溝ノ口駅で東急田園都市線と東急大井町線、武蔵小杉駅で東急東横線で接続しています。

地下鉄とも直通する私鉄各線を利用して都心へ通勤・通学する場合、運転見合わせがあって、他の路線へ迂回できるメリットがあります。

首都圏のJR路線では比較的短い6両編成で運転されており、時間帯や区間によっては混雑が目立ちます。

立川側と川崎側で沿線や駅周辺の雰囲気がガラッと変わるので、どの駅に住むかによって印象が異なります。

JR武蔵野線との乗り換え駅でもある府中本町駅は周辺に東京競馬場や工場があるエリア、武蔵小杉駅は高層マンションが立ち並ぶ人気の住宅地となっています。

JR横浜線

JR横浜線の電車

JR横浜線は、東京都西部の八王子駅と神奈川県の東神奈川駅、横浜駅、桜木町駅を結ぶ路線です。

途中には町田駅といった大きな街を通るほか、横浜アリーナに近い新横浜駅、日産スタジアムに近い小机駅などを通ることから、イベント開催時にも混雑します。

また新横浜駅は東海道新幹線との乗り換え駅、将来的には橋本駅近くにリニア中央新幹線の駅が開業します。

八王子~東神奈川駅間では、ほとんどの区間で神奈川県内を走るため、東京よりも神奈川の路線といったイメージがあります。

都心へ通勤・通学する場合は、橋本駅から京王相模原線で新宿方面や直通する都営新宿線沿線、町田駅から小田急小田原線で新宿方面や直通する東京メトロ千代田線沿線、菊名駅から東急東横線で渋谷や直通する東京メトロ副都心線で新宿・池袋方面へもアクセスできます。

JR武蔵野線

JR武蔵野線の電車

JR武蔵野線は、東京都・府中市の府中本町駅と千葉県の西船橋駅を結び、埼玉県南部をぐるっと東西に走る路線です。 多くの列車がJR京葉線に直通しており、東京駅で発着しています。

JR京葉線の区間を除くと東京都心を走っておらず、埼玉県内を走る区間が長いことから、埼玉県の鉄道路線といったイメージもあります。

都心へ向かう他の鉄道路線との乗り換え駅は多く、西国分寺駅でJR中央線、新秋津駅で西武池袋線(秋津駅)、北朝霞駅で東武東上線(朝霞台駅)、武蔵浦和駅でJR埼京線、南浦和駅でJR京浜東北線、南越谷駅で東武伊勢崎線、南流山駅でつくばエクスプレス、新松戸でJR常磐線各駅停車、西船橋駅で東京メトロ東西線などに乗り換えができます。

都心へ通勤・通学する路線で運転見合わせがあった場合、他の路線へ迂回することができます。

列車の運転本数は年々増えてきており、以前よりも利便線は高くなっています。

また埼玉県東側や千葉県側は、JR京葉線への直通電車を利用すれば、東京ディズニーリゾート最寄りの舞浜駅へのアクセスにも便利。ディズニー好きの方も注目の路線です。

» ページ上部へ戻る