知ってると便利で楽しい旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 旅行の豆知識・雑学 > 間違いやすい世界の首都をまとめて覚えよう

間違いやすい世界の首都をまとめて覚えよう

小学校の授業でも出てくる世界の首都について知識。毎日のニュースでも度々、首都の都市名が出てくるので自然と覚えているものですが、間違えて覚えやすい首都ありますよね。

今回はそんな間違いやすい首都、うろ覚えの首都をまとめて解説していきます。意外にも海外旅行で人気の国が多くなっています。

スイスの首都はチューリッヒではなくベルン

フランス語圏、ドイツ語圏、イタリア語圏など複数の言語が使われているスイスは、各地で大きな都市が点在しています。日本からの直行便があり、空の玄関口でもあるチューリッヒは、首都ではなく最も大きい人口規模を誇るスイス最大の都市。フランス寄りのジュネーブもまた有名です。

首都はというと、旧市街が世界遺産にも登録されている「ベルン」です。テストでは比較的難しいレベルかもしれません。そんな都市の名前は聞いたこともない、という方もいそうなくらい、チューリッヒやその他の都市に知名度がありますね。

日本からのスイス旅行ではあまりこのベルンに宿泊するツアーは多くないようですが、歴史的建造物に泊まれたり、トラムの走る旧市街を散歩するのもまたおすすめです。

カナダの首都はバンクーバーではなくオタワ

秋の紅葉や冬のオーロラなど美しい自然が楽しめるカナダ。東西南北に広大な国土を持ち、大都市圏も東西に点在しています。日本からの直行便があり留学でも人気がある西海岸のバンクーバー、東海岸寄りのトロントやモントリオールといった都市の知名度が高く、首都の名前がなかなか出てこないのがカナダです。

人口規模での最大都市はトロントですが、首都は「オタワ」です。トロントとモントリオールの間に位置しています。オンタリオ州にあるオタワですが、街の北側を流れるオタワ川の対岸はケベック州のガティノーという都市で、合わせて経済圏を形成しています。

トルコの首都はイスタンブールではなくアンカラ

ヨーロッパとアジアをつなぐ要所に位置するトルコ。複雑な国際情勢においてニュースにもよく出てくる国ですが、トルコの首都は「イスタンブール」と間違いやすいですね。

日本からの直行便が運航されているのがイスタンブールということもあり、首都アンカラのほうが知名度が低いようです。

観光面では人気のカッパドキアはイスタンブールよりもアンカラのほうが近く、カッパドキアまでのバスが出ています。

オーストラリアの首都はシドニーではなくキャンベラ

日本とは真逆の季節も魅力のオーストラリア。なんといっても知名度が高いのがシドニーです。日本から直行便もあり、オリンピック開催都市というのもまた知名度に貢献していますね。

ではオーストラリアの首都はどこか?これはテストにもよく出る問題で「キャンベラ」という都市。シドニーとメルボルンに間に位置する内陸部の都市です。

1901年にオーストラリア連邦が成立され、首都がシドニーになるのかメルボルンになるのか議論があり、その妥協案とも言える中間のキャンベラが首都に選定されたという歴史があります。

ニュージーランドの首都はオークランドではなくウェリントン

オーストラリアに並んでオセアニアで人気の旅行先、ニュージーランドも首都が最大都市ではありません。日本から飛行機で到着するのもオークランドやクライストチャーチで、首都ではないのが知名度が引く理由でしょうか。

ニュージーランドは大きく北島と南島に分かれていますが、首都は北島の南岸に面する「ウェリントン」です。都市圏としてはクライストチャーチよりも大きく第2の規模を誇りますが、なかなか首都ウェリントンとすぐに言える方は多くなさそうです。

首都になったのは1865年のことで、オークランドから遷都になります。ウェリントンが選ばれた理由はやはり大都市のオークランドとクライストチャーチの中間というのも理由になっているようです。

ブラジルの首都はサンパウロではなくブラジリア

ブラジルの都市といえば、思い浮かべるのがリオのカーニバルで有名なリオデジャネイロや名門サッカークラブのあるサンパウロでしょうか。

リオデジャネイロやサンパウロが南大西洋に面した海沿いにあるのに対して、首都は内陸部の標高約1,100mにある「ブラジリア」という都市。1960年にリオデジャネイロからブラジリアに遷都(せんと)しました。

首都になる前は何もない荒れた大地だった場所で、首都のために開発された計画都市です。ブラジル人建築家オスカー・ニーマイヤーが設計した建築物が多く、20世紀の近代建築が評価され世界遺産にも登録されています。

南アフリカ共和国の首都は分散

難しい首都はいろいろとありましたが、首都の機能が分散している国があります。これは覚えるのが難しい首都かもしれません。その代表例が南アフリカ共和国です。

機能によって行政府がプレトリア、立法府がケープタウン、司法府がブルームフォンテーンに置かれています。南アフリカ共和国の都市と言えば、ヨハネスブルグが有名ですが、同国経済の中心都市であり人口規模も最大であるものの首都機能はありません。

ちなみに日本の在南アフリカ日本大使館はプレトリアにあり、ケープタウンにも領事事務所が置かれています。アメリカ大使館やフランス大使館なども同じくプレトリアにありますので、

他にもたくさん!最大都市ではない首都

これまで見てきた通り、間違えて覚えやすい首都は、その都市の規模やオリンピック開催による知名度によるところがあります。他にも旅行で人気の国で意外と忘れている都市もチェックしておきましょう。

ドイツはフランクフルトではなくベルリン、スペインはバルセロナではなくマドリード、インドはムンバイ(旧称:ボンベイ)ではなくニューデリー、ベトナムはホーチミンではなくハノイ、などがありますが、いかがでしょうか。

アメリカはニューヨークではなくワシントンD.C.ですね。

移転した首都

日本でも東京からの首都移転をめぐって議論が盛り上がった時期がありまたが、世界の首都をみると実際に移転した事例は珍しくありません。

例えば、スリランカは1985年にコロンボから1985年に、パラオは2006年にコロールからマルキョクに、ミャンマーは2006年にヤンゴンからネピドーに、それぞれ遷都しています。

もっと世界の首都について知りたい方は、世界の首都一覧をごらんください。


» ページ上部へ戻る