旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 旅行の豆知識・雑学 > 道の駅は車中泊NG?その理由と車で寝られる場所をまとめてチェック

道の駅は車中泊NG?その理由と車で寝られる場所をまとめてチェック

車でドライブしながら日本各地を旅したり、ちょっとしたドライブ旅行で気になる車中泊のルールやマナーを解説。全国にある「道の駅」での車中泊ができるかどうかをはじめ、おすすめの宿泊場所を紹介します!

道の駅とはどんな場所?

まず「道の駅」とはどのような場所なのか確認しておきましょう。

いま日本各地にある「道の駅」とは、地元の自治体と道路管理者が連携して、道路利用差に休憩施設を提供する場所です。

国土交通省により認定されている場所が「道の駅」を名乗ることができ、登録には一定の条件があります。

基本コンセプトは「地域の創意工夫により道路利用者に快適な休憩と多様で質の高いサービスを提供する施設」です。

施設には無料の駐車場や清潔なトイレ、歩行経路のバリアフリー化、道路や地域の案内コーナー、ベビーコーナーが備わっていることも構成要素となります。

そして、駐車場、トイレなどは24時間利用できることも条件となっています。

また「道の駅」を設置できるのは、市町村または市町村に代わり得る公的な団体となっています。

つまり「道の駅」は24時間利用可能な駐車場が整備されている公共施設であると言えます。

道の駅
道の駅

道の駅で車中泊できる?

車で移動しながら旅行していると、道の駅の駐車場に車をとめて、そのまま朝まで寝てしまいたいこともありますね。

では「道の駅」での車中泊は許可されているのでしょうか?それとも禁止されているのでしょうか?

まず国土交通省のウェブサイトにその回答がありますので、確認しておきましょう!

質問
「道の駅」駐車場での車中泊は可能ですか?

回答
「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。
もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。

つまり国土交通省の見解としては、仮眠しても問題ないけど宿泊目的で利用するのは遠慮してほしい」ということになります。

車内で寝るだけならOK、キャンプのような利用方法はNG

では日本全国にある「道の駅」では、実際にどのような運用になっているのしょうか。

実はなかには「車中泊の禁止」を注意看板などに記載している「道の駅」も一部あります。

しかしほとんどの「道の駅」では、夜間に車の中で寝ているだけで注意されることはないようです。

意識しておきたいのは、オートキャンプ場のような使い方はマナー違反と見られるということです。

車の横や敷地内にテントをはったりするのはもちろん、テーブルやチェアの仕様、火を使うような調理用具を使っての料理やバーベキューをするようなことは「道の駅」の利用方法としてはマナーに反すると言えるます。

もちろんそのような使い方として整備されており、場所が提供されている場合は例外です。

周辺環境やゴミ、騒音問題も

ではなぜ「道の駅」での車中泊がルールとして明確に禁止されている訳ではなく微妙な扱いになるのか、その理由もいくつか考えておきましょう。

まず「道の駅」の中には、近くに住宅があったりする場所もあります。

もし夜遅くまで車がアイドリングしていたり、何らかの音が出してしまう場合は、近所の方にとって迷惑な行為となりかねません。

さらに一部のマナーの悪い方には、ゴミを放置していったり、「道の駅」の利用とは関係のないゴミまで多く置いていくという人もいないわけではありません。

もし「道の駅」が車中泊の場所として推奨されたりおすすめされると、本来の「道の駅」が想定している利用方法を逸脱するばかりでなく、地元の方にとって迷惑な場所となってしまう恐れもあります。

車中泊には危険もある、車内で寝る注意点とは

もうひとつ車中泊にはさらに重要な注意点があります。

それは車の中で寝ていることの危険性です。

まず駐車している車内から金品などを狙う車上荒らしには注意が必要です。 後部座席で寝ている場合は、車の外から寝ている姿が見えないこともあり、ただ駐車しているだけと思われた場合には、窓ガラスを割られたりする危険性もあります。

また一人旅とみられた場合には、複数人に危害を加えられるといったトラブルにあう可能性もあります。

仮眠するなら問題なく利用できる「道の駅」ですが、周囲の環境や駐車場所を考えて少しでも安全なところでの宿泊を検討したいものです。

ドライブ旅行で宿泊できる場所

では最後に、ドライブ旅行で宿泊できる場所をまとめてチェックしておきましょう。

車での移動を考えると、車中泊や室内での滞在を含めて、駐車場がある場所が便利です。

  • オートキャンプ場
  • RVパーク
  • 宿泊設備ある日帰り入浴施設
  • ビジネスホテル
  • 旅館

まず「車中泊を楽しむ」ならオートキャンプ場やRVパークが定番ですね。

オートキャンプ場

オートキャンプ場では、テントを張って寝るのが一般的ですが、車中泊としても利用できます。

近年は充実した設備が整っているキャンプ場もあり、はじめては車中泊で旅をするならぜひ候補を調べておきましょう。

デメリットとしては設備が充実しているオートキャンプ場は、シーズンや駐車場所にもよって料金が高めなこともあるので、車中泊で気軽にドライブ旅行を楽しむには不向きな場合もあります。

RVパーク

次におすすめなのが「RVパーク」です。

キャンピングカーや一般車両での車中泊ができる場所として提供されており、電源や水道が用意されていたり、入浴施設が併設されている場所もあります。 車中泊には最適な場所なので、ドライブ旅行なら沿道のRVパークを調べておくのがおすすめです。

宿泊設備ある日帰り入浴施設

日本各地にある日帰り温泉や日帰り入浴施設のなかには、仮眠スペースや朝まで滞在できる利用プランを用意しているところがあります。

車中泊ではありませんが、温泉などをゆっくりと利用して、食事処で夕食をとることもできます。

連日、オートキャンプ場やRVパークではちょっと疲れてしまう場合にも、こういった入浴施設の滞在プランを検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスホテルホテルや旅館

最後はふつうの旅行や出張と変わらないような気がしてしまうかもしれませんが、ドライブ旅行では沿道のビジネスホテルや旅館を利用してみるのも悪くありませんん。

連日の車中泊で少し疲れてしまっているとは、ホテルのベッドや旅館の布団でゆっくり睡眠をとるのもおすすめです。

近年はスマートフォンで当日の空き状況をチェックできる場合もあるので、いきなり立ち寄るよりは少し手前で「楽天トラベル」などの予約サイトで確認しておくと便利です。

ドライブ旅行は無理せず休憩を

今回は「道の駅」での車中泊ができるかどうかを見てきましたが、ドライブ旅行で大切なのか休憩や睡眠です。

宿泊場所として「道の駅」を利用するのは適切ではありませんが、休憩やどうしても眠いときに仮眠する場所としてはおすすめです。

各地の「道の駅」では地元の特産品などを購入したりグルメを楽しんだり、周辺エリアの情報も入手できるので、旅行中の立ち寄りスポットとしては定番。

毎年、何箇所も新しい「道の駅」が開業しているので、ドライブで立ち寄れそうな場所がないか事前にチェックしてみましょう!

» ページ上部へ戻る