東京都の旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 国内旅行 > 東京都 旅行 > 同じホームで他路線に乗り換えができる便利な東京の駅はここ!

同じホームで他路線に乗り換えができる便利な東京の駅はここ!

多数の路線が入り組むように走る東京では、乗り換えが最短経路となることも珍しくありませんね。近年は乗換検索などで調べるのが一般的になりましたが、知っておくと便利な乗り換え駅をご紹介!

今回はとくに同じホームで他の路線と乗り換えができる駅(対面乗り換えができる駅)をまとめて解説します。

新宿駅のJR山手線内回りとJR中央・総武線各駅停車上り

まずは世界最多の乗降客数を誇る「新宿駅」です。

JR山手線の内回り電車(原宿・渋谷・恵比寿方面)とJR中央・総武線各駅停車の上り電車(四ツ谷・飯田橋・水道橋・秋葉原方面)は、同じホームの向かいの番線で乗り換えができます。

山手線が14番線、中央・総武線各駅停車が13番線です。 13番線には早朝・深夜にオレンジ帯の東京行きも発着します(13番発の東京行きは2020年~2023年頃になくなる見込み)。

JR山手線(内回り):
→池袋→目白→高田馬場→新大久保→新宿→代々木→原宿→渋谷→恵比寿

JR中央・総武線各駅停車(下り・東行き):
→中野→東中野→大久保→新宿→代々木→千駄ケ谷→信濃町

例えば、中央線沿線から山手線の原宿、渋谷、恵比寿、目黒、大崎、品川方面へ向かう場合に便利です。

また山手線の池袋、高田馬場などから中央線・総武線の各駅停車が停まる千駄ケ谷・信濃町・市ケ谷方面へのアクセスにも便利です。

新宿駅のJR山手線外回りとJR中央・総武線各駅停車下り

続いてもJR「新宿駅」で、こちらはJR山手線の外回り(高田馬場・池袋・日暮里方面)とJR中央・総武線各駅停車の下り(中野・吉祥寺・三鷹方面)の乗り換えです。

山手線が15番線、中央・総武線各駅停車が16番線。 同じホームの向かうの番線で乗り換えができとても便利です。

JR山手線(外回り):
→恵比寿→渋谷→原宿→代々木→新宿→新大久保→高田馬場→目白→

JR中央・総武線各駅停車(下り・西行き):
→信濃町→千駄ケ谷→代々木→新宿→大久保→東中野→中野→

例えば、山手線の原宿・渋谷から中央線の中野・吉祥寺方面、飯田橋・秋葉原などから山手線の大久保・高田馬場方面へアクセスするとき便利です。

またこの乗り換えは、新宿駅で最も遅い終電の接続があります。 山手線の池袋行きから中央線の三鷹行き終電へは、深夜1時頃の接続。 夜遅くに帰ることが多い方は知っておきたい乗り継ぎです。

終電の接続については「東京・首都圏からの終電が一番遅い路線・行先はどこ?」もぜひご覧ください。

代々木駅のJR山手線内回りとJR中央・総武線各駅停車下り

新宿駅の隣駅ですぐ近くにる「代々木駅」では、JR中央・総武線各駅停車の下り電車(西行き)とJR山手線の内回り電車の乗り換えが向かいホームでできます。

例えば、千駄ケ谷駅や信濃町駅、代々木駅などから原宿駅などへ向かう場合は、代々木駅で乗り換えるのが便利です。

JR中央・総武線各駅停車(下り・西行き):
→信濃町→千駄ケ谷→代々木→新宿→大久保→東中野→中野→

JR山手線(内回り):
→池袋→目白→高田馬場→新大久保→新宿→代々木→原宿→渋谷→恵比寿

また秋葉原駅などから原宿駅、渋谷駅へ向かう場合なども、JR山手線だけで行くより、代々木駅で乗り換えるほうが最短経路となる場合もあります。

御茶ノ水駅のJR中央線快速とJRと中央・総武線各駅停車

JR中央線は、快速電車(特急・特快など含む)が走る線路と各駅停車が走る線路が分かれています。

時間帯にもよりますが、オレンジ帯の車両で走るJR中央線快速電車と黄色帯で走るJR中央・総武線各駅停車を乗り換えるなら、「御茶ノ水駅」が便利です。

三鷹~御茶ノ水駅間で並走する快速電車と各駅停車(緩行線)ですが、同じ方面が同じホームで乗り換えできるのは「御茶ノ水駅」だけとなっています。

御茶ノ水駅のホーム
御茶ノ水駅のホーム

快速の停車駅:
中野~新宿~四ツ谷~御茶ノ水~神田~東京

各駅停車の停車駅:
中野~大久保~東中野~新宿~代々木~千駄ケ谷~信濃町~四ツ谷~市ケ谷~飯田橋~水道橋~御茶ノ水~秋葉原(早朝・深夜は神田・東京方面)

ちなみに逆方面では、中野駅ではJR中央線快速の下り(吉祥寺・立川方面)が6番線、JR中央・総武線各駅停車と東京メトロ東西線の東行きの一部列車が5番線を使用しており、向かいのホームとなっています。

※JR中央線はグリーン車導入に伴い2020年頃からオレンジ色の電車は終日、各駅停車の線路(緩行線)を走らなくなる見込みです(現在は早朝・深夜に走行)

池袋駅、渋谷駅、大崎駅のJR埼京線とJR湘南新宿ライン

JR埼京線とJR湘南新宿ラインは、大崎~池袋駅間で同じ線路を使用しています。

乗り換えに便利なのは、向かいのホームで乗り換えられる「池袋駅」、同じホーム(同じ番線)の「渋谷駅」、同じホームの「大崎駅」です。

JR埼京線:
~大崎~恵比寿~渋谷~新宿~池袋~板橋~十条~赤羽~

JR湘南新宿ライン:
横浜方面~大崎~恵比寿~渋谷~新宿~池袋~赤羽~

JR埼京線の始発電車がある新宿駅も乗り換えのメリットはありますが、階段を使っての乗り換えになることがあるので不便なことも。さらにホームが狭い箇所があり、人も多いことから移動しづらいデメリットもあります。

恵比寿駅もJR埼京線とJR湘南新宿ラインのどちらも同じホーム・同じ番線を使用していますが、JR湘南新宿ラインの特別快速は通過するので注意が必要です。

赤坂見附駅の東京メトロ銀座線と丸ノ内線

都心で地下鉄移動が多ければ、ぜひ知っておきたいのが「赤坂見附駅」です。

地下1階では、東京メトロ銀座線の渋谷方面と東京メトロ丸ノ内線の新宿・荻窪・方南町方面が向かいホームで乗り換えできます。

東京メトロ銀座線(浅草方面):
→外苑前→青山一丁目→赤坂見附→溜池山王→虎ノ門→新橋→

東京メトロ丸ノ内線(池袋方面):
→四谷三丁目→四ツ谷→赤坂見附→国会議事堂前→霞ケ関→銀座→

地下2階では、東京メトロ銀座線の新橋・銀座・浅草方面と東京メトロ丸ノ内線の東京・池袋方面が向かいのホームで乗り換えできます。

東京メトロ銀座線(渋谷方面):
←外苑前←青山一丁目←赤坂見附←溜池山王←虎ノ門←新橋←

東京メトロ丸ノ内線(新宿・荻窪方面):
←四谷三丁目←四ツ谷←赤坂見附←国会議事堂前←霞ケ関←銀座←

東京メトロ丸ノ内線は四ツ谷駅でJR中央線、JR中央・総武線各駅停車との乗り換えもスムーズなため、中央線沿線から霞ケ関、新橋など銀座線沿線の駅へ向かうときにも赤坂見附駅での乗り換えは便利です。

銀座線と丸ノ内線はほかに銀座駅でも乗り換えができますが、ホームは離れており歩くと数分かかります。

九段下駅の東京メトロ半蔵門線と都営新宿線

日本武道館や靖國神社の最寄駅でもあり、東京メトロ東京メトロと東京メトロ半蔵門線、都営新宿線の地下鉄3路線が通る「九段下駅」は利用者が多い駅です。

都営新宿線の笹塚・新宿方面(直通する京王線の調布・府中・京王八王子・橋本方面を含む)と東京メトロ半蔵門線の錦糸町・押上〈スカイツリー前〉方面(直通する東武伊勢崎線の東武動物公園・久喜・南栗橋方面を含む)は、同じホームの向かいの番線で発着します。

実はこのホームは以前、間に壁があったため、いったん改札を出ての乗り換えとなっていましたが、2013年3月16日(平成25年)に撤去されてスムーズな乗り換えができるようになりました。

デメリットとしては、東京メトロと都営地下鉄で会社が異なるため、他の経路よりも運賃が高くなる場合があります。

中目黒駅の東急東横線と東京メトロ日比谷線

飲食店が充実していることもあり、中目黒は都内の人気エリアのひとつ。

その「中目黒駅」は、東京メトロ日比谷線の始発・終着駅となっており、東急東横線との乗り換え客が多い駅です。

2013年3月15日(平成25年)までは東横線と日比谷線が直通運転をしていましたが、東京メトロ副都心線の開業に伴い、日比谷線との直通は廃止されました。

中目黒駅のホーム
中目黒駅のホーム

現在は、日比谷線の到着ホームと東急東横線の自由ヶ丘・武蔵小杉・横浜方面が同じホーム、東急東横線の渋谷方面(副都心線の池袋方面、東武東上線直通、西武池袋線直通を含む)と日比谷線の始発電車が同じホームとなっています。

東急東横線(横浜方面):
←学芸大学←祐天寺←中目黒←代官山←渋谷←

東京メトロ日比谷線(中目黒方面):
中目黒←恵比寿←広尾←六本木←

日比谷線沿線から横浜方面へ向かう場合、みなとみらい線・東横線沿線から日比谷線沿線へ向かう場合に便利で、とくに横浜方面へは定番の乗り換え駅となっています。

東急東横線(渋谷方面):
→学芸大学→祐天寺→中目黒→代官山→渋谷→

東京メトロ日比谷線(中目黒方面):
中目黒→恵比寿→広尾→六本木→

八王子駅のJR中央線とJR八高線

東京都西部で大きな街といえば八王子。

JR「八王子駅」はJR中央本線の特急もほぼすべての列車が停車する主要駅で、JR中央線、JR横浜線、JR八高線が発着。 近くには京王線の「京王八王子駅」もあります。

JR「八王子駅」は、JR中央線・JR中央本線の上り列車(立川・新宿・東京方面)が使用する2番線とJR八高線が使用する1番線は同じホームです。

大月駅、上野原駅、相模湖駅、高尾駅などからJR八高線への乗り換え、JR中央本線の「特急あずさ」や「特急かいじ」の上り方面をおりてJR八高線へ乗り換えるときに便利です。

八王子駅を発車するJR八高線は、すべて始発電車となります。

JR中央線(新宿・東京方面):
→高尾→西八王子→八王子→豊田→日野→立川→

JR八高線(拝島・川越方面):
八王子→北八王子→小宮→拝島→

JR八高線沿線から東京方面へは、拝島駅でJR青梅線への乗り換えも便利です。JR中央線への直通電車(東京行き)が頻繁に走っています。

対面乗り換えができる駅はたくさん

今回は東京都内で同じホームの乗り換えができる駅をいくつか紹介しましたが、対面乗り換えが可能な駅はまだまだたくさんあります。

  • 代々木上原駅(小田急線と東京メトロ千代田線)
  • 二子玉川駅(東急田園都市線と東急大井町線)
  • 田園調布駅(東急東横線と東急目黒線)
  • 小平駅(西武新宿線と西武拝島線)

とくに私鉄と地下鉄が直通運転をしている路線などは、途中駅で始発電車に乗り換えがスムーズなことが多々あります。

ふだん乗り換えている駅よりも、実は他の駅のほうが便利だったりすることもあるので、乗換検索以外でも乗り換えや接続の情報なども調べてみるのがオススメです。

» ページ上部へ戻る