旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 旅行の豆知識・雑学 > 初心者向け!ニジマスのルアー釣りに必要な持ち物チェックリスト

初心者向け!ニジマスのルアー釣りに必要な持ち物チェックリスト

はじめてルアーフィッシングに挑戦するなら、管理釣り場(釣り堀)でのニジマス釣りがオススメです。

レインボートラウトとも呼ばれるニジマス、日本の渓流魚として知られるヤマメ(山女魚)やイワナ(岩魚)を狙うときに、必要な釣り具、必需品を持ち物チェックリストで確認して揃えてみましょう!

ロッド(竿)

ルアーフィッシングでは、竿(さお)のことを「ロッド」と呼ぶのも一般的です。 マス釣り用に設計されたロッドは「トラウトロッド」とも呼ばれ、製品名にも「トラウト(Trout)」の名前が入っていることが多いのでぜひ覚えておきましょう。

長さと柔らかさ

ロッド選びでチェックすべきは、そのロッドが何を釣るように設計されているかも大切ですが、基本的には「長さ」と「柔らかさ」が重要です。

本格的に楽しむ人は、どんなルアーを投げて、どんなアクションをさせるのかを考えて、ロッドを選んだりします。

初めてでとりあえず1本購入するのであれば、「ライト(L)」または「ウルトラライト(UL)」がおすすめ!管理釣り場で通常サイズのニジマスを釣るだけであれば、柔らかめのロッドで十分です。

長さは、6フィート(6 ft)から7フィート(7 ft)くらいが定番。 狭い管理釣り場の場合は、長すぎても扱いづらいので、6フィートでも問題ありません。

ピースと振り出し

釣り竿には、いくつかのパーツを繫いで長くする「ピース式」、収納できるタイプの「振り出し式(テレスコピック)」があります。

つなぎ目がない竿は「1ピース」、2つのパーツをつなぐのが「2ピース」です。 トラウトロッドの中には、持ち運びに便利な「5ピース」などの製品もあります。 本格的に楽しむなら定番は「2ピース」ですが、電車移動が多ければ「4ピース」や「5ピース」も便利です。

持ち運びに便利なロッドでは「振り出し式」もあります。 竿のパーツが収納式になっており、何段階にわけて伸ばしていくタイプです。 釣りメインではないアウトドアや旅行などでも、とりあえずロッドを持っていくたい場合などにも便利です。

リール

ルアーフィッシングでは、ルアーを遠くに飛ばす必要があるので、リールは必需品です。 最初はお手頃な価格の製品で十分ですが、今後どういった釣りをしたいかが決まっているのであれば、しっかり比較してみましょう。

メーカー

リールを発売しているメーカーとしては、日本のダイワ(グローブライド)やシマノ、スウェーデンのアブガルシアなどが定番です。

釣具店には、ノンブランドの安い製品もありますが、釣りを継続して楽しむつもりなら、メーカーの製品を購入していくのがオススメです。

種類

マスのルアーフィッシングで使われるリールの種類は、ほとんどが「スピニングリール」です。

リールの種類には「ベイトリール」などもありますが、マス釣りならスピニングリールを選べば間違いありません。他の釣りにも使えるので、まずはスピニングを購入しましょう。

サイズ

リールを選ぶとき知っておきたいのは、スピニングリールはサイズにより品番が割り当てられていることです。

例えば、同じメーカーの同じシリーズでも、1500、2000、2500、3000とった具合に品番が別れてます。

管理釣り場のマス釣りでは、それほど大きなサイズは必要ないので、「2000」または「2500」が最適です。

迷ったら「2500」を購入しておくほうが、湖や管理釣り場で大きめのトラウトを狙ったり、バス釣りにも使えるのでオススメです。

ライン(糸)

リールを購入するなら、一緒にライン(糸)も買っておきましょう。 釣具店で購入する場合、リールにラインを巻いてくれるサービスもあるので、同時購入がおすすめです。

通販で購入する場合は、最初から自分で巻くことなりますが、初めてでも難しくはありません。 ただし、ロッド(竿)がないと、うまく巻けないので、できればロッドが揃ってから巻くようにしましょう。

種類

ラインを選ぶときのポイントは、素材と太さです。

素材には、ナイロン、フロロカーボン、PE、エステルなどがあります。 マス(トラウト)釣りでは、ナイロンが定番ですが、管理釣り場でルアー釣りをするなら強度の強いフロロカーボンもおすすめです。

特徴としては、ナイロンはしやなかで扱いやすい価格もお手頃、フロロカーボンは伸縮性が低く魚が食いついたときのアタリをつかみやすく丈夫で擦れに強い、といったメリットがあります。

湖などで本格的に釣るならPEなども選択肢に入ってきますが、初めて管理釣り場(釣り堀)でルアー釣りをするなら、まずは「ナイロン」か「フロロカーボン」から選びましょう。

ナイロンのデメリットとしては、劣化しやすい点があります。繰り返し釣りに行くのであれば、少し高くてもフロロカーボンを使うメリットがあります。

太さ

ラインの太さは、号数またはポンドといった単位で表記されますが、ルアー釣りの場合は「ポンド(lb)」が基本です。

数字が低いほど細くなり、小さく軽いルアーでも投げやすくなったり、魚に目立ちにくくなります。ただし、細ければ強度も低くなります。

大型のマス類がいない管理釣り場であれば、ナイロンでもフロロカーボンでも2.5~4ポンドくらいがオススメです。

メーカーによっては、トラウト(マス)向けの製品をラインナップしているので、商品名に「Trout」などが入っているラインを選ぶのも良いでしょう。

価格

メーカーや素材、太さにもよりますが、1000~2500円くらいが相場です。

ルアー:スプーン

マス釣りの定番ルアーと言えば、とにかく「スプーン」です。 食事で使うスプーンに似ているシンプルな形状が特徴ですが、サイズやカラーバリエーションがとにかく多く、釣具屋さんではじっくり選ぶ楽しみもあります。

サイズ/重さ

管理釣り場でのニジマス釣りなら、1g~3gのかなり小さめのスプーンで十分です。 湖・池タイプで大型のトラウトが放流されているのであれば、大きめのサイズを用意していっても良いでしょう。

形状

スプーンには様々な形状をした製品がありますが、それぞれ特徴があるのは、投げたときの飛距離やどれくらいスピードで巻いたときにしっかりアクションするかなどに影響します。

カラー

管理釣り場ではルアーのカラーも重要です。 何度も投げていると、すぐに魚が見慣れてしまうので、多くのカラーを用意しておくのがおすすめです!

違う色のスプーンに変えたらすぐ釣れた!ということがよくあるのが管理釣り場です。 金や銀などシンプルなカラーはもちろんですが、ピンクや黒、派手系のカラーなど「こんな色で釣れるの?」と思ってしまうようなカラーにも食いついてきます。

迷ったら「赤金」やエサの色に近い「茶色」のスプーンを買っておくのがおすすめです。

ルアー:スピナー

トラウトのルアー釣りでは、定番のひとつとなるが「スピナー」です。 リールを巻いて引くと、ブレードが回転するタイプで、マス類へ強烈にアピールします。

サイズ/重さ

管理釣り場で使うのであれば、かなり小さめのサイズで十分です。 1.5g~3gくらいのサイズを選んでみましょう。

ルアー:ミノー

トラウトのルアーフィッシングでは、小魚に似せたタイプの「ミノー」も定番です。 とくに渓流や本流、湖では必ずと言っていいほど使用されるルアーです。

管理釣り場で通常サイズのニジマスを狙うなら、持っていなくて問題ないのですが、いろいろ試してみたいなら、ひとつ購入しておくのも良いでしょう。 ただし、スプーンよりも高価なので、なくしたときのショックは大きくなります。

サイズ

管理釣り場で使うなら、それほど大きなサイズは必要ありません。 大型のトラウトが放流されている釣り場で、大物を狙うなら大きなミノーを用意していっても良いでしょう。 ただし、大物狙いであれば、ロッドやラインなどにもそれなりの準備が必要です。

フローティングとシンキング

ミノーには、浮くタイプの「フローティング」と巻かなくても沈むタイプの「シンキング」、巻いて沈んだら止まる「サスペンド」があります。

どのタイプを使うかは、川か湖か、魚がどの水深(層)にいるのかによって変わります。 このあたりを考えるのは、はじめてでは少し難易度が高いので、釣具屋さんで行く予定の釣り場を伝えて聞いてみるのが良いでしょう。

ルアー:特殊形状

管理釣り場の魚は、放流直後を除けばルアーを見慣れてしまっているので、みんなが使っているスプーンに全く反応しなくなってしまうものです。

釣具屋さんに行って、マス用のルアーコーナーを見ると、実はかなり多くの種類があることに気づきます、クランク、フェザー、イクラのような形状など「こんなので釣れるの?!」と思ってしまうほどです。

釣り場によっては、禁止されている種類もあるので、行く場所が決まっていればウェブサイトでチェックしておきましょう。

ルアー:セット

初めて管理釣り場で、ニジマス釣りに挑戦するなら、実績のあるルアーがセットになった商品もおすすめです。メーカーがテストを重ねた実績のあるルアーやカラーがパッケージになっているので、はじめてでも安心して購入できます。

フックはバーブレスが必要か確認

管理釣り場では、ルアーのフック(針)について「バーブレス」を条件としてる場合があります。 バーブレスとは、針の返しがない状態で、キャッチ&リリースをするときには、魚を傷つけないために必要な条件となります。

もちろん、釣り場でバーブレスが条件となっていなくて、釣った魚をすべて持ってかえり食用とするのであれば、バーブレスにする必要はありません。

購入時のルアーは基本的に返しのあるフックが付いているので、バーブレスのフックを購入して交換するか、ペンチなどで潰す作業が必要です。

ラインカッター(ハサミ)

ラインをルアーに結んだあとに余分な部分を切ったり、ルアー交換するときには、ラインカッターがあると便利です。

たまに歯で切っている方がいますが、釣り用のラインはそれなりに強度があるので、歯を炒めてしまう可能性があります。

ハサミでも問題ありませんが、小型のラインカッターや後で紹介するラインカッター機能突きのプライヤーを用意しておくのがおすすめです!

価格は小型の安い製品なら数百円ですが、コードを伸ばせるピンオンリールが付いているものも便利です。

ランディングネット

魚がルアーに食いついたら、リースを巻いて手前まで徐々に魚を寄せます。このタイミングで魚を逃してしまうとショックなので、ランディングネットがあると安心です。

種類とサイズ

網の素材には、ラバーやナイロンなどの種類がありますが、ルアーのフック(針)が絡まりにくいのが、ラバーのネットです。 写真を撮ったときにナチュラル感がないのはデメリットですが、魚体を傷つけにくいというメリットがあるのも魅力です。

構造としては、折りたたみや持ち手部分が伸縮できる製品があります。 また、頻繁に移動を繰り返すような釣りをするなら、ストラップを装着できるタイプがオススメです。

価格

ブランドやサイズにもよりますが、1500~5000円前後で購入ができます。

ビク/スカリ

釣った魚を持って帰って食用とするなら、釣り場から帰るまで魚を生かしておくための「ビク」または「スカリ」があると便利です。

網状(メッシュ)になっており、川や池・湖の中に入れておくことで、魚がその中で泳げるような構造になっています。

サイズと種類

一般的な管理釣り場や釣り堀で釣ることができるニジマスは、25~30cmくらいが標準サイズです。 近年は大型サイズのマス類を放流している釣り場も多いので、長期的に釣りを趣味として続けるのであれば、大きめのスカリを買っておくのもオススメです。

竹ビクなど水の中に入れないタイプもあるので、購入時にはどのような使い方ができるかを確認するようにしましょう。

価格

釣り場でも販売しているような単純な網であれば、数百円で購入できます。 しっかりとした構造のスカリや丸メッシュビクとなると、1500~5000円くらいで販売されています。

プライヤー

魚が連れたときに、ルアーのフック(針)を外す必要がありますが、持っていると便利なのが「プライヤー」です。

この名前を聞いたことがない方も少なくないかもしれませんが、形状はペンチやニッパーに似ている工具です。

素手で魚の口からフックを外そうとすると、魚が暴れたりして怪我をすることがあるので、できればプライヤーを用意していきましょう。

釣り用のプライヤーには、ラインカッターの機能や先端がフック交換をするときに便利な形状に工夫してある製品があります。

サングラス/偏光グラス

ルアーフィッシングでは、急にルアーが外れて自分のほうに飛んできたり、他の人のルアーが飛んできたりすることもあります。つまり、少しでも怪我をしないように、サングラスをかけておくのが望ましいと言えます。

また、釣りで定番なのが「偏光グラス(へんこう)」です。

光の反射を抑える機能があるので、水面の反射が低減され、どこに魚がいるのかや、魚がルアーを追いかけてくる様子を把握しやすくなります。

価格

メーカー、レンズやフレームの素材などによってかなりの価格差があります。 リーズナブルな製品では2000円前後で購入できますが、本格的な製品では20000~30000円前後が一般的です。

キャップ

管理釣り場によっては、安全のため、キャップ(帽子)の着用をお願いしていることがあります。

そういったルールがない場合でも、キャップは被っておくのがオススメです!

とくに釣り用である必要もないので、好きなブランドやデザインから選んで問題ありません。

ナイフ

ほとんどの管理釣り場には、釣った魚を持ち帰る前に、下処理ができる洗い場が用意されています。 また、釣り場によっては下処理を行ってくれるサービスもあります。

自分でエラや内蔵を処理してから持ち帰るなら、ナイフを用意しておくと便利です。 本格的なナイフは必要なく、釣り具メーカーが発売している小型のフィッシングナイフを検討してみましょう。

日焼け止め

釣りで意外と忘れがちなのが紫外線対策です。 同じ場所にとどまって何十分、何時間と釣りをする場合、身体の同じ場所にだけ太陽の陽があたってしまうことがあります。

手の甲や首筋、鼻が真っ赤に焼けてしまうことがあるので、季節問わず、日焼けクリームなどを用意しておくのがおすすめです!

とくに釣りでは、手の甲が日焼けしやすいので要注意です。

最後に持ち物リストを再チェック

それでは、最後にルアーのマス釣りに持っていきたい持ち物を確認!

  • ロッド(竿)
  • リール
  • ライン
  • ルアー各種
  • ラインカッター
  • プライヤー
  • ビク/スカリ
  • サングラス/偏光グラス
  • キャップ(帽子)
  • ナイフ

まずは、ロッド、リール、ライン、ルアーは、ルアーフィッシングになくてはならない必需品です!

他の小物やアクセサリーは、なくても釣りはできますが、安全性や利便性を考えると、できれば用意しておきたいアイテムです。

ほぼすべて、釣具店やオンラインショップで揃うので、初めてならまずはお手頃な価格の商品をチェックしてみましょう!

どこへ釣りにいくか決まってなければ、全国の釣りスポットや管理釣り場(釣り堀)関東の釣りスポットをチェックしてみてください。

» ページ上部へ戻る