旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > マイル&マイレージプログラム > ショッピングマイルとは?クレジットカードでたまるマイルを解説

ショッピングマイルとは?クレジットカードでたまるマイルを解説

マイルをためるノウハウや陸マイラーの話題でよく出てくる「ショッピングマイル」ってなに?そんな疑問を解決する基本的な情報、お得な利用方法、おすすめのクレジットカードを紹介。

ショッピングマイルはクレジットカード払いでたまるマイル

一般的に航空会社のマイレージサービスで使われる用語「ショッピングマイル」とは、買い物や各種サービスを提携クレジットカードで支払ったときにたまるマイルのことを意味します。

用語として積極的に使っているのはJAL

この「ショッピングマイル」という用語については、積極的に使っている航空会社とそうでもない航空会社があります。

積極的に使っているのはJALグループで、とくにJALカードでは各種プロモーションにも頻繁に「ショッピングマイル」という用語が登場します。

一方でANAグループではそれほど利用されてはいません。後ほど少し解説しますが、ANAカードの場合はクレジットカード会社のポイントをマイルに移行するかたちをとっているので、そういった理由もあるかもしれません。

フライトマイルとショッピングマイル

航空会社のマイルをためる最も基本的な方法は、飛行機に乗ることです。 都市間の飛行距離や利用金額によって区間マイルが設定されており、予約クラスや各種の特典に基づいて加算マイルが決定します。

飛行機に乗ってたまるのが「フライトマイル」
提携クレジットカードの支払いなどでたまるのが「ショッピングマイル」
一般的にはこの違いだけ覚えておけば大丈夫です。

マイルの種類マイルのため方
フライトマイルフライトの距離(または金額)や予約クラスなどで計算
ショッピングマイルクレジットカード払いの金額で計算

ただし航空会社によっては、クレジットカードでの支払い方法に限らず、提携パートナーでの獲得マイルについても、ショッピングマイルと呼ぶ場合もあります。

航空券をクレジットカード払いすれば両方たまる

この「フライトマイル」と「ショッピングマイル」を同時に貯めるチャンスがあります。

それは航空券の予約・購入を提携クレジットカードで支払う、というとってもシンプルな方法です。

例えば、羽田~札幌の国内線に2万円で乗った場合、羽田~札幌間の距離や予約クラスに応じたフライトマイルと2万円分のショッピングマイルをためることができます。

マイルの種類積算条件
フライトマイル支払い方法に関係なく積算、提携クレジットカードでボーナスがある場合も
ショッピングマイル提携クレジットカードでの支払いで積算

ショッピングマイルはためないともったいない!

ショッピングマイルをためるデメリットはありません。

もちろんクレジットカード払いよりも、もっとお得にマイルやポイントがたまる決済方法がある場合には、その優先順位は下がることもありますが、基本的にはためないと損です。

とくにクレジットカード払いができるお店・サービスで、いま現金払いをしている場合は毎回、ショッピングマイルを獲得するチャンスを逃しているということです。

カード払いまたは提携キャッシュレス決済を利用することでマイルやポイント(とくにマイルに移行できるポイント)をためていきましょう!

ショッピング以外のクレジット払いでもたまる

クレジットカード払いでショッピングマイルがたまるのは、買い物だけではありません。

カード払いができる公共料金、税金、年金や保険など様々なサービスがショッピングマイルの対象となります。

ただし一部のクレジットカードは、支払い目的によってショッピングマイルの対象外となる場合もあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

公共料金

電気、水道、ガスなどの光熱費やNHK受信料は、クレジットカード払いができるのが一般的になりました。 いま口座振替やコンビニ払いなどを利用していれば、ぜひ航空会社の提携クレジットカードに切り替えましょう。

税金

実は所得税(予定納税など含む)や法人税、個人事業税などの各種税金もカード払いができます。 一部対象外の税金や手数料がかかるといったこともありますが、積極的にマイルをためるならクレジットカード払いを検討してみましょう。

保険

国民健康保険や民間の各種保険は、クレジットカードで支払うことができます。 口座振替はもったいないでの、ぜひカード払いへの切り替えができないか確認してみましょう。

口座振替している支払いはクレジットカード払いに切り替えを!

他にも携帯電話代など銀行・郵便局の口座振替を利用している支払いはありませんか? この機会にクレジットカードで支払えないかチェックしてみましょう。

カード払いで直接マイルがたまるのは航空会社の提携クレジットカードと一部のクレジットカードだけなので、マイルをためるなら航空会社の提携クレジットカードが確実です。

積算率はカードによって異なる

ショッピングマイルの積算率は、カードの種類によっても異なる場合があります。

例えば、一般カード(普通カード)とゴールドカードなどの上級カードでは、異なる積算率が設定されていることも珍しくありません。

例えば、ANAカードの場合、日々のお買い物でカード払いしたときのマイルは、一般カードとゴールドカードで2倍違います。

カードの種類積算率
ANA一般カード100円=0.5マイル相当
ANAゴールドカード100円=1マイル相当

ショッピングを効率よくためていくなら、利用するクレジットカードの種類・ランクごとの積算率を比較しておくがおすすめです。

ANAなら10マイルコースがおすすめ!

最後にANAのマイルをためる方におすすめの制度を紹介。

ANA(全日空)のクレジットカード「ANAカード」が用意している「10マイルコース」は、クレジットカード会社のポイントをマイルに移行するときに2倍もお得に交換できる制度です。

通常者「1,000円=1ポイント=5マイル」とレートとなっていますが、「10マイルコース」を利用すると「1,000円=1ポイント=10マイル」のレートで交換できます。

年会費

この「10マイルコース」には、年間の移行手数料として5,500円(税込)が設定されています。

またカードによってはポイント移行コースの参加費が設定されている場合もあります。

最初から積算率の高いANAカード

ANAゴールドカードやANAカードプレミアムなどのランクが高いカードでは、最初から移行レートが「1,000円=1ポイント=10マイル」や「100円=1ポイント=1マイル」などに設定されています。

JALならショッピングマイル・プレミアムがおすすめ!

JAL(日本航空)のクレジットカード「JALカード」が用意している「ショッピングマイル・プレミアム」は、ショッピングマイルが通常の2倍たまる制度です。

通常は200円の利用で1マイルたまるところ、100円の利用で1マイルになります。

複数のJALカードを保有している場合、それぞれのカードごとに加入が必要なので2枚使いや複数カードを使い分けている方は注意しておきましょう。

またJALカード特約店での利用なら、通常は200円の利用で2マイルのところ、100円の利用で2マイルが自動でたまります。

年会費

ショッピングマイル・プレミアムにはカードの年会費とは別に年会費として3,300円(税込)が設定されています。 もし高いと感じてもマイルが2倍たまっていくので、いつもの支払いをJALカードにすればお得な制度です。

自動加入のJALカード

JALカードは種類が豊富ですが、一部のカードには「ショッピングマイル・プレミアム」が自動加入となっています。 CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ、JAL CLUB ESTの場合は、ショッピングマイル・プレミアムの年会費はかかりません。

ショッピングマイルまとめ

では最後に提携クレジットカードの支払いでたまる通称「ショッピングマイル」について、改めてチェックしておきましょう。

  • フライトマイルとショッピングは違う
  • ショッピングマイルとは提携クレジットカードの利用でたまるマイルのこと
  • 航空券ならフライトマイルとショッピングマイルは同時にためることもできる
  • 現金払いはもったいない!カード払いでショッピングマイルをためよう
  • クレジットカードの積算率を比較しよう
  • ショッピングマイルが2倍たまる制度を活用しよう

マイルやポイントがたまるクレジットカードについては「海外旅行におすすめのクレジットカード」でも解説していますので、合わせてご覧ください。

» ページ上部へ戻る