旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > マイル&マイレージプログラム > マイレージプログラム番号とは?番号はどこに書いてある?確認できる場所をここ!

マイレージプログラム番号とは?番号はどこに書いてある?確認できる場所をここ!

この記事では航空会社のマイレージプログラムの番号について解説しています。会員番号の呼び方、確認する方法、わからなくなったときの確認方法を紹介。

マイレージプログラムとは

マイレージプログラムとは、一般的に航空会社の会員サービスをかねたポイントサービスのことを意味します。

他の業界でも「マイレージ」という単語を使ったサービスは、例えば日本では「ETCマイレージサービス」などがありますが、この記事では航空会社のマイレージサービスについて扱います。

マイレージプログラム番号ってなに?

航空会社が提供するマイレージサービスの場合、「マイレージプログラム番号」が意味するのは、一般的に会員番号のことです。

そのため、航空会社によっては「会員番号」や「お客様番号」、「お得意様番号」などのように呼んでいます。

表記や呼び方は航空会社によって異なり、海外の航空会社では日本語での表記がとくにないこともあります。

会員番号とユーザーネームは違う

一部のマイレージプログラムでは、会員番号のほかにログインなどで利用できるユーザーネーム(username)が設定できます。

このユーザーネームは会員番号とは異なるので、マイルの積算申請などには利用できないのが一般的です(ログイン時に利用できる場合は役立ちます)。

番号はどこで使う?

最初に「マイレージプログラム番号」は「会員番号」のことであることが分かりましたね。

つまり航空会社の会員登録をしていれば。とくに希望していなくても、マイル(ポイント)が貯まっている可能性があります(マイレージサービスのない航空会社は会員登録のみ)。

ではどんなときに、この「マイレージプログラム番号」が必要になるのかチェックしてみましょう。

会員ページへのログイン

航空会社の公式ウェブサイトで、航空券を購入するとき、ログインしておくと予約時の入力項目を省くことができます。

また自動的に会員番号が反映されるため、マイルの積算が可能になります。 マイレージサービスを提供している航空会社で予約するときには、ログインしてから予約するようにしましょう。

同行者の航空券をまとめて購入したとき

家族や友人などの航空券をまとめて予約・購入する場合、予約時に同行者の氏名や年齢を入力する必要があるほか、マイレージプログラム番号も合わせて入力できることがあります。

予約時に入力が完了していれば、同行者それぞれのマイル口座に積算されます。 一般的に同行者の分を自分のマイルとしてためることはできないので、事前に利用する航空会社の会員登録があるかどうか、同行者が会員ならマイレージプログラム番号を聞いておいてあげると親切ですね。

空港でチェックイン時に会員番号を登録する場合

近年は飛行機に前日や当日に、オンラインでのチェックインが可能になりましたが、空港でチェックイン手続きをする機会はまだあります。

とくに予約時にマイレージプログラム番号(会員番号)の入力を忘れてしまった場合、パックツアー利用で予約時には入力・提示ができなかった場合なども該当します。

航空会社によっては、出発ロビー内または搭乗口エリアに設置されている自動チェックイン機で、登録できることもあります。ANAやJALの国内線では自動チェックイン機が手軽に利用できます。

提携エアライン利用時のマイル申請

マイレージプログラム番号を使用することが多いのが、提携する航空会社に搭乗する場合です。

例えば、ユナイテッド航空の運航便に乗るときに、チェックインカウンターでANAの「お客様番号」を提示して、ANAのマイルが貯まるように申請する場合などです。

提携パートナー利用時のマイル申請

マイルがたまるのは、飛行機の利用以外にも、様々な業種の提携パートナーの利用も対象になります。

例えば。ホテルに宿泊するときや、レンタカーを借りるときに、マイレージプログラムの提携パートナーとなっていれば、マイレージプログラム番号を提示することで、マイル積算を申請することができます。

事前にオンライン予約している場合、予約時にマイレージプログラム番号を入力できることもあります。

ポイントサイトからのマイル移行申請

マイルを積極的にためている方におなじみなのがポイントサイトです。 様々な会社のポイントを交換できるのが特徴です。

航空会社のマイルに交換するには、マイレージプログラム番号(会員番号)が必要になります。

航空会社ごとの呼び方

では、大手航空会社で日本でも人気のマイレージプログラムを中心に、呼び方をみてみましょう。

航空会社会員番号の呼び方
ANA(全日空)お客様様番号
JAL(日本航空)お得意様番号
デルタ航空スカイマイル会員番号
ユナイテッド航空マイレージプラス会員番号
アメリカン航空AAdvantage番号
ハワイアン航空HawaiianMiles 番号
エールフランス航空フライング・ブルー会員番号
フィンエアーフィンエアープラス会員番号
ブリティッシュ・エアウェイズExecutive Clubメンバーシップ番号

ANAは「お客様番号」、JALは「お得意様番号」といった呼び方が特徴ですね。

海外エアラインで日本語での情報提供が充実している場合、「会員番号」や「マイレージプログラム名+番号」の呼び方が多くなっています。

ANAのマイレージプログラム番号はどこにある?

プログラム名ANAマイレージクラブ(AMC)
会員番号の呼び方お客様様番号

ANAマイレージクラブの会員カード

ANAのマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」に会員登録すると発行される会員カード(プラスチックカード)には、数字10桁のお客様番号が記載されています。

公式スマートフォンアプリ

iOS(iPhone)や Android などのスマートフォンで、公式アプリにログインしていれば、会員番号が表示されているのですぐに確認できます。

ANAでは航空券の予約・確認できるアプリのほか、会員サービス専用の「ANAマイレージクラブ」アプリも提供しています。会員カードをデジタルカードとして持ち歩けるので便利です。

ANAカード(クレジットカード)

ANAのクレジットカード「ANAカード」には、表面に数字10桁のお客様番号が刻印されています。 クレジットカードが財布に入っていれば、すぐに番号を確認できます。

提携クレジットカード

ANAカードのほか、ANAマイレージクラブの提携クレジットカードでも刻印または印字されている会員番号を確認ができます。例えば「楽天ANAマイレージクラブカード」や「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」には、10桁のお客様番号が印字されています。

JALのマイレージプログラム番号はどこにある?

プログラム名JALマイレージバンク(JMB)
会員番号の呼び方お得意様番号

JALマイレージバンクの会員カード

JALのマイレージサービス「JALマイレージバンク」に登録すると発行されるる会員カード(プラスチックカード)には、数字9桁もしくは7桁のお得意様番号が記載されています。

公式スマートフォンアプリ

OS(iPhone)や Android などのスマートフォンで利用できるJALの公式スマートフォンアプリでは、ログインしていれば会員番号を確認することができます。 当然のことですが、インストールするだけでは会員番号の確認はできません。

JALカード(クレジットカード)

JALのクレジットカード「JALカード」には、お得意様番号が刻印または印字されています。 財布にJALカードが入っていれば、すぐに確認できます。

提携クレジットカード

JALカードのほか、JALマイレージバンク(JMB)の提携クレジットカードでも刻印または印字されている会員番号を確認ができます。例えば「JMB JQ SUGOCA」や「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」には、数字9桁のお得意様番号が印字されています。

デルタ航空のマイレージプログラム番号はどこにある?

プログラム名スカイマイル
会員番号の呼び方スカイマイル会員番号

公式スマートフォンアプリ

OS(iPhone)や Android などで利用できるスマートフォン「Fly Delta」では、ログインしていればスカイマイル会員番号を確認することができます。

#(シャープ)のあとに表示されている10桁の番号が会員番号です。

提携クレジットカード

日本でも発行されているデルタ航空の提携クレジットカードには、スカイマイル会員番号が刻印または印字されています。

ユナイテッド航空のマイレージプログラム番号はどこにある?

プログラム名マイレージプラス
会員番号の呼び方マイレージプラス会員番号(Account Number)

ユナイテッド航空では、日本語での「マイレージプラス会員番号」のほか、英語では「Account Number」の表記を使用しています。

会員番号は、アルファベットと数字の組み合わせなどもあります。

提携クレジットカード

日本でも発行されているユナイテッド航空の提携クレジットカードには、マイレージプラスのの会員番号が印字されています。

ハワイアン航空のマイレージプログラム番号はどこにある?

プログラム名HawaiianMiles
会員番号の呼び方HawaiianMiles 番号

会員カード

ハワイアン航空のマイレージサービス「HawaiianMiles」に入会すると発行される会員カードには、会員番号が記載されています。

提携クレジットカード

日本でも発行されているハワイアン航空の提携クレジットカードには、HawaiianMiles の会員番号が印字されています。

会員番号がわからないときは

何年も利用していな航空会社や利用頻度が少ない場合、マイレージプログラムの会員番号が不明になっているこもあるのではないでしょうか。また会員登録したかどうかも覚えていないかもしれませんね。

会員番号がわからないときは、次の方法で確認してみてください。

公式ウェブサイトのログインページを確認

もしマイレージプログラムの番号(会員番号)がわからなくなってしまったら、航空会社のウェブサイトから確認の手順へ進める場合が一般的です。

トップページや各ページの上部などに用意されている「ログインフォーム」や「会員ページ」へのリンクから進むと、「お得意様番号がご不明の方」はのようにリンクが見つかります。

航空会社によってその案内表記は異なりますが、ログイン画面の下部などに記載されていることが多くなっています。

過去のメールを確認

以前に利用したことがある航空会社や会員登録したことがある航空会社なら、予約確認や登録確認のメールが残っているかもしれません。

メールマガジンに登録してあれば、そのメール内にも記載されていることがあります。 ただし近年は、情報保護の観点から番号の一部のみが記載されている場合もあります。

メールサービスやメールソフトで、航空会社の名前を検索してみましょう。日本語名だけでなく、アルファベットでも検索してみるのがおすすめです。

過去の搭乗券を確認

以前に飛行機に乗ったときの搭乗券や半券を残してあれば、会員番号の記載がないか確認してみるのもひとつの方法です。

マイルを貯めるなら会員番号を忘れずに登録!提携クレジットカードも便利

飛行機の利用はもちろん、提携パートナーなどの利用でマイルを貯める場合、会員番号は忘れずに登録するようにしましょう。

マイルは積み重ねで少しずつたまっていくものです。1回でも逃すともったいないので、マイルがたまる場所では会員番号が分かるカードやアプリを用意していくのがおすすめです。

航空券を予約するときには、ログインしてから検索へ進むのがおすすめです。

また、よく利用する航空会社なら提携クレジットカードを保有するが確実かつ効率よくマイルを貯める定番の方法です。

ぜひこの機会にクレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

はじめてのクレジットカード選びなら「クレジットカードで最初の1枚をつくるならMastercardかVisaにする理由・メリットを解説」や「クレジットカードのランクは何がある?カードの種類をグレードごとにメリット解説」もぜひご覧ください。

各社のマイレージプログラムもチェックできます。

» ページ上部へ戻る