東京都のおでかけ情報&旅行ガイド

旅行ガイド > 国内旅行 > 東京都 旅行 > 2017年、千鳥ヶ淵の桜が見頃に、夜桜で賑わう

2017年、千鳥ヶ淵の桜が見頃に、夜桜で賑わう

都内で最も賑わう夜桜の人気スポットのひとつ千鳥ヶ淵。皇居のお堀のうち北西から西側にわたる場所が千鳥ヶ淵が呼ばれています。

お堀に沿って遊歩道が続き、千鳥ヶ淵緑道として普段から人気の散歩コースでもあり、桜の季節にはお花見を楽しみに多くの方が訪れます。

2017年の桜はなかなか満開を迎えずにいましたが、4月5日頃から見頃となっています。今回は千鳥ヶ淵の夜桜をご紹介。

靖国通り沿いの桜
靖国通り沿いの夜桜

お花見時の千鳥ヶ淵緑道は、北側の靖国神社(武道館)のある方から南方向へ移動する方が多く、アクセスは九段下駅か市ヶ谷駅が便利。武道館と靖国神社の間にある歩道橋付近でも気軽に桜を楽しむことができます。

日本武道館方向の桜
日本武道館方向の夜桜

写真を撮る方で混雑している夜の千鳥ヶ淵緑道。とくに18時~20時台が混雑するので、夕食を済ませてから21時台に出かけると少し空いてくるのでおすすめです。

ピンクのLEDに照らされる夜桜
ピンクのLEDに照らされる夜桜

ボート乗り場と首都高環状線の間にある桜には、ピンク色のLEDが照らされ、他の場所とは違った雰囲気を演出しています。ボート乗り場より少し北側からよく観えるので、少し離れた場所まで歩いてみるのがおすすめです。

ボートと夜桜
ボートと夜桜

ボート乗り場の上は展望デッキになっており、絶好のお花見スポットに。塀の上にはカメラを置いての撮影もできるので、三脚類が禁止されている桜の時期でも、カメラを固定して撮影することができます。

千鳥ヶ淵の夜桜と東京タワー
千鳥ヶ淵の夜桜と東京タワー

靖国通り沿いには東京タワーと夜桜を一緒に見られる場所があります。千代田区が特設ブースを出している裏側で、人が多い時間帯は入場制限を設けているほど人気の場所。ここの遅めの時間帯がおすすめですが、桜のライトアップは22時までなので時計をチェックしておきましょう。

千鳥ヶ淵緑道は、出店もなく、シートを敷いてゆっくりお花見ができるスポットではありませんが、散歩しながら夜桜を楽しめる都内でも貴重な場所となっています。

スポット情報

住所:東京都九段南2丁目から三番町先
時間:ライトアップ18時30分頃~22時まで

アクセス・行き方

メトロ東西線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」2番で出口より徒歩すぐ(JR中央総武各駅停車の直通電車あり)
メトロ半蔵門線「半蔵門駅」より徒歩5分(東急田園都市線・東武スカイツリーラインの直通電車あり
JR中央総武各駅停車「飯田橋駅」より早稲田通りを徒歩10分
JR中央総武各駅停車「市ヶ谷駅」より靖国通りを徒歩10分

地図

旅行ガイド > おでかけスポット情報 > 2017年、千鳥ヶ淵の桜が見頃に、夜桜で賑わう

» ページ上部へ戻る