埼玉県のおでかけ情報&旅行ガイド

旅行ガイド > 国内旅行 > 埼玉県 旅行 > 川越氷川神社で2016年の縁結び風鈴はじまる

川越氷川神社で2016年の縁結び風鈴はじまる

2014年にはじまった川越氷川神社(ひかわじんじゃ)の「縁結び風鈴」が、2016年は7月9日(土)からはじまりました。8月31日(水)まで続く今年の風鈴を写真でご紹介します。

川越氷川神社の入口にある風鈴
川越氷川神社の入口にある風鈴

日頃より縁結びの神様として知られる川越氷川神社は、川越駅または本川越駅から路線バス、また車でかんたんにアクセスできる便利な立地にあります。

バス停と第1駐車場のある道路から鳥居をくぐり境内へと進むと、さっそく風鈴が飾られてた棚が出迎えてくれます。


境内は色鮮やかな風鈴が見られますが、和色の落ち着いた風鈴もまた魅力的です。


木々には竹毬(たけまり)と風鈴を重ねたオブジェも飾られています。夜にはライトアップもされるので、暗い時間になるとまた違った光景が期待できそうです。


風鈴には、参拝者が願いを書いた木の短冊が結ばれています。後日奉納してくださるこの短冊、神社に到着したらまず願いを書いておくのを忘れずに。


天気の良ければ木漏れ日から柔らかい光が注ぎこみ、風鈴の色が優しく輝きます。これから暑さが厳しくなる時間ですが、晴れた日の訪問もやっぱりおすすめです。

11色があるという2016年の縁結び風鈴。全色探してみるなんて楽しみ方もできそうですね。


今年も「縁結び風鈴」の一番の見所は、数メートルに渡って無数の風鈴が続く風鈴回廊です。風鈴の音色を聴きながら境内の奥へと進んでいきます。


風鈴回廊を抜けて、本堂の裏から一周まわってくることができます。風鈴小路には、透明の風鈴が飾られた棚があり、夏らしい濃い緑になった木々の葉と調和しており、爽やかな雰囲気が愉しめます。


今年の縁結び風鈴は、平日でも浴衣で訪れている方がたくさんいらっしゃいました。蔵造りの町並みで有名な小江戸川越を、浴衣で散策するのは夏の想い出になりそうですね。

川越氷川神社は1500年もの間、縁結びの神様として、多くの縁を結んできた神社で、隣接する氷川会館と合わせて結婚式会場としても知られています。

開催期間も長く、日中から夜まで楽しめるので、ぜひ川越の氷川神社を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
時間:9時~21時
期間:2016年7月9日(土)~8月31日(水)

アクセス・行き方

JR川越線・埼京線・東武東上線「川越駅」または西武新宿線「本川越駅」から路線バスで約10~15分
東武バス「埼玉医大」「上尾駅西口」「平方」「川越運動公園」行きのいずれかに乗車、「宮下町バス停」下車すぐ
または小江戸巡回バス「氷川神社前」下車すぐ

車でのアクセスは、川越街道(254)の氷川町交差点から川越市街方面へ入りすぐ
関越自動車道「川越インターチェンジ」から約17分

旅行ガイド > おでかけスポット情報 > 川越氷川神社で2016年の縁結び風鈴はじまる

» ページ上部へ戻る