東京都のおでかけ情報&旅行ガイド

旅行ガイド > 国内旅行 > 東京都 旅行 > 2017年、昭和記念公園の桜が満開、菜の花とチューリップも楽しめる

2017年、昭和記念公園の桜が満開、菜の花とチューリップも楽しめる

例年、東京都心よりも少し開花時期の遅い東京西部の桜。立川から昭島にかけて広がる昭和記念公園では、2017年は4月10日頃にはソメイヨシノが見頃を迎えました。

公園内を流れる残堀川の桜
公園内を流れる残堀川の桜

広大な敷地を誇る昭和記念公園にはいくつかの入園ゲートがありますが、北西の玉川上水口から南西の昭島口、そして水鳥の池のまわりを添うように残堀川が流れています。 園内にはいくつかの橋がかかり、川沿いも散歩コースとなっており、桜を楽しめるスポットになっています。

みんなの原っぱと桜の園
みんなの原っぱと桜の園

昭和記念公園でゆっくりとお花見が楽しめるのは、みんなの原っぱの周囲に連なる桜の園。 桜の開花時期には例年、菜の花も見頃を迎えており、春らしい香りと感じながらお花見がする方が多く見られます。

のんびりお花見ができる
のんびりお花見ができる

ソメイヨシノの木々が並ぶ桜の園には、日影になっている場所もあり、日差しの強い日のお花見にもおすすめです。 少し歩けば日本庭園やこどもの森があり様々な楽しみ方ができるほか、売店、トイレもあるので、お花見にはちょうど良いスポットとなっています。

桜とチューリップの共演
桜とチューリップの共演

桜の時期が過ぎると今後はチューリップが見頃を迎える昭和記念公園。 2017年は桜の満開が遅れており、チューリップも咲き始めていました。

シダレザクラも満開に
シダレザクラも満開に

昭和記念公園で楽しめる桜はソメイヨシノだけではありません。 シダレザクラなど色鮮やかな桜も見られ、写真を撮る方にも人気のスポットになっています。 また園内ではオオシマザクラやヨウコウ、ヤエベニシダレなども見られます。

都心のお花見は混雑する場所が多くなっていますが、のんびりゆっくりと桜が楽しめる昭和記念公園はおすすめのお花見スポットです。

スポット情報

住所:東京都立川市緑町3173
時間:9時30分~17時(時期・曜日により変動あり)

アクセス・行き方

JR青梅線(JR中央線からの直通電車あり)「西立川駅」から徒歩2分
JR中央線・青梅線・南武線「立川駅」から徒歩10分

地図

旅行ガイド > おでかけスポット情報 > 2017年、昭和記念公園の桜が満開、菜の花とチューリップも楽しめる

» ページ上部へ戻る