旅行で使われる用語「ハブ空港」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > ハブ空港

ハブ空港

旅行の飛行機で使われる用語「ハブ空港」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

航空会社が拠点とする空港、または多くの路線網の中心となる空港。

解説

ハブ空港とは、航空会社が拠点とする空港のことで、整備場や駐機場、航空会社の関連機能が集まった空港を意味する。
また国内線や国際線を含め、航空路線の中心となる空港は、乗り継ぎの接続スケジュールが考慮され、ハブ空港としての役割を果している。
ハブ空港を目指すことを、「ハブ化」すると表現することがある。またハブ機能に特化させる空港を「スーパーハブ空港」と呼ぶことがある。
代表的なハブ空港の例では、デルタ航空のアトランタ国際空港、ユナイテッド航空のシカゴ・オヘア国際空港などがある。
またLCCのピーチは、関西国際空港を中心に路線網を広げており、関空がハブ空港となっている。

別の言い方・言い換え・類語

エアラインハブ,拠点空港

英語

airline hub

旅行のポイント

いつも使う航空会社やアライアンスが決まっている場合、ハブ空港を覚えておくと、乗り継ぎが必要な場合に便利な旅程を探しやすくなります。例えば、ユナイテッド航空をよく利用するのであれば、日本から直行便のあり、ハブ空港となっているシカゴやデンバーで乗り継ぎ、他の都市へアクセスすることが便利になります。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > ハブ空港

» ページ上部へ戻る