旅行で使われる用語「オーベルジュ」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > オーベルジュ

オーベルジュ

旅行のホテル・宿泊で使われる用語「オーベルジュ」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

フランス発祥、こだわりの食事が楽しめる宿泊施設。

解説

オーベルジュとは、フランス語で「宿」のこと。それぞれ自慢の食事を提供することがメインで、宿泊設備が備わっているレストランとも言える。
都市部ではなく、郊外にあることが多く、フランスを中心に、ベルギー、オランダ、ドイツなどでは数多くのオーベルジュが見られる。
一言でオーベルジュと言っても、例えばミシュランが三ツ星をつけるところから、隠れ家的なところまで多種多様。

英語

Auberge

旅行のポイント

日本では旅館で食事を楽しむのが一般的なので、それのフランス風と思えば、とても自然な旅行の形態です。ヨーロッパ旅行の選択肢としてはもちろんですが、日本国内にもオーベルジュを名乗るレストランがあり、こだわりの料理を楽しむことができます。

宿泊施設・種類の用語

  • オーベルジュ

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > ホテル > オーベルジュ

» ページ上部へ戻る