旅行で使われる用語「オートチャージ」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > オートチャージ

オートチャージ

旅行のクレジットカードで使われる用語「オートチャージ」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

SuicaやPASMOなど交通系ICカードに、クレジットカードで自動的にチャージすること。

解説

オートチャージとは、クレジットカードで交通系ICカードに自動的にチャージする機能・サービスのこと。JR東日本のSuica(スイカ)や東京メトロ・関東私鉄のPASMO(パスモ)、JR西日本のICOCA(イコカ)、関西私鉄のPiTaPa(ピタパ)などへのオートチャージがある。事前にクレジットカードとICカードを設定しておくと、事前に決めた残高を下回ったときに、自動改札を通るタイミングで設定した金額分がチャージされるのが一般的。

英語

Auto Charge

旅行のポイント

オートチャージもクレジットカードの利用となるので、ポイントやマイルを貯められる。また残高がなくなく度にチャージする手間がなく、自動改札着で残高が足りない心配もなくなる。ふだんからICカードで鉄道を利用する機会が多ければ、ぜひ1枚はオートチャージ対応のクレジットカードを持っておきたい。航空会社のマイルを貯めるなら「JALカードSuica」や「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」などがおすすめ。

支払いの用語

  • オートチャージ

クレジットカードの用語

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > クレジットカード > オートチャージ

» ページ上部へ戻る