旅行で使われる用語「搭乗口」とは

旅行ガイド > 旅行用語集 > 搭乗口

搭乗口

旅行の飛行機で使われる用語「搭乗口」の意味とわかりやすい解説。英語表記や旅行時のポイントも紹介。

概要

空港における搭乗口とは、飛行機に搭乗するときの最後のゲートのこと。

解説

搭乗口または搭乗ゲートとは、空港で飛行機に乗るときに最後に通る場所。
ほとんどの空港では搭乗口ごとに番号が振られており、航空券やオンラインチケットに印字・表示される。
また空港内の出発案内に表示・更新されるほか、近年ではアプリなどで最新情報を提供している場合もある。

別の言い方・言い換え・類語

搭乗ゲート

英語

boarding gate

旅行のポイント

空港に着いてたら余裕をもってチェックイン、セキュリティチェック、国際線の場合は出国審査を済ませて、搭乗口へと向かいましょう。 搭乗口で機内に案内される順番は、一般的にマイレージプログラムやアライアンスの上級クラス会員、座席クラス、特別な案内が必要な方、子連れの方が優先となります。 また中型機、大型機の場合は、混雑状況により機内奥の座席番号から順番に案内されることがあります。 航空会社によっても異なりますが「定時出発のため出発時刻の10分前までに搭乗口へお越しください」といった案内をしています。

よくある旅行用語についての疑問・質問

関連ページ

旅行ガイド > 航空会社 > 搭乗口

» ページ上部へ戻る